2002.04.04 ウルフ? レイヤー? アッシュ?

 生まれて初めて買ったわ。何を?ヘアースタイルの本。『GET ON! ヘアースタイル 2002 春号』というムック。特集は『似合うヘアーが必ず見つかる! 春イメチェン・タイプ別サンプル200』。

 なんで、こんなのを買ったのかというと、なかなか見やすかったんよね。一応最近、このコーナーを意識していろいろと立ち読みはしとったんやけど、これがお手ごろで良かった。

 パラパラ見ていて気がついたのが、タイトルにある謎の単語。耳にしたことのある言葉ばかりなのだが、正直言ってどういうものなのかはハッキリとわからない。そういう専門用語の説明も載っているものはいいのだが・・・無いものが多い。ここは、写真を見てどういうものなのか、自分で探らねば・・・。

 「ウルフ」か。流行ってるみたいやな。そう言えば、ずっと前に『めざましテレビ』の中で巷で流行してるようなことを言っとったな。狼みたいな髪型ってこと? う〜ん、写真を見たかぎりではバサバサッというか、カクカクっというかそんな感じがするねえ。ややえり足が長めなのが特徴でしょうか?

 そんな「ウルフ」をベースにしたり、ミックスしたりしていろいろなバリエーションがあるみたい。ソフトウルフだとかスパイシーウルフなんて言葉があったり、モヒカン、マッシュルームなどとミックスしたものなんかが載っていた。

 この「ウルフ」の次ぐらいよく目立っているなと感じたのが、「モヒカン」だ。いわゆるモヒカンじゃなくて、「ソフトモヒカン」ってやつやね。なんかキューピーチックなヘアースタイル。ガレッジセールのゴリとか、TIMの目立ってる方(ゴメン、名前忘れた)とか、あんなの。確かに若い奴でやってるのをよく見かけたりするようになったわ。でも、個人的には全くやりたくないスタイルやな。

 さて、この一冊全体を通してよく目にした単語が「レイヤー」。訳したら「層」やからなんとなくイメージはできるんやけどね。これは、『ヘアー&美容用語事典』っていうページに載っていて助かった。「髪全体に段をつけてカットするスタイル」だそうだ。特に「ショートレイヤー」と「セイムレイヤー」っていう言葉が目についたけど、どうゆうこと? 読んで字の如しってことなんかな? このレイヤーを使ってるヘアースタイルには、興味が出た。やってみたいかな。自分に合いそうな気がするんやが。

 まあ、カットに関して気になったのはそんな辺り。

 次に、カラーリングでメッチャ目についたのが、「アッシュ」。訳すと「灰」ってことやから、あんまり明るくないのは察しがつく。なんでも「今年は落ち着きのあるダークカラーが主流に」ってことなんだそうな。なんか不景気なときにそれはいかがなものかと思ってしまったが、でも確かに今の世相に馴染むような気はするね。「アッシュ」でも、「ブルーアッシュ」とか「ピンクアッシュ」とか「イエローアッシュ」とかいろいろあるんやなあ。「アッシュ」なんてこの本見るまで知らんかったわ。

 『ヘアー&美容用語辞典』のページで気になったものをいくつか挙げてみると・・・。

 「エクステンション」・・・前からエクステってなんのことやろうって思ってたんよね。何のことはない、つけ毛やないか。ただ、最近のカラーのつけ毛でヘアースタイルのポイントとして使っているものを、特に「エクステンション」って言ってるみたいに感じるけど。この本のモデルの中には男やのにエクステンションやってるのとかも載ってたな。アーティスティックな感じを出すのには良さげやけど、いかがなもんかなあ。

 「キャップスタイル」・・・「帽子をかぶったようなヘアスタイルのこと」ってなってるんやけど、コレってオレの嫌いなマッシュルームとはどう違うんやろうか。「つむじの流れにそわせるので、頭の丸みが強調されるような流れのあるスタイルになる」らしい。いずれにせよ、全く興味がない。

 「スプリングコーム」・・・こんなヘアアクセサリー知らないなあ。スプリングって言うだけに伸び縮みするらしいんやけど。コームってことは「くし」か。なんせロングヘアーの人に人気らしいですわ。ひょっとすると見たらコレのことかって思うかもしれない。

 「ディップ」・・・スタイリング剤の一種らしいが、よくわからん。ムース、ミスト、ジェル、ワックスは使ったことあるからわかるけど、ディップってピンとこうへんなあ。ところでポマードってまだ使ってる人いるのかな?

 「バージンヘア」・・・髪にもバージンってあったんや。(爆) 男でもバージンヘアっすか? 「ヘアマニキュアなどを、一度もしたことがない髪」やって。残念、数年前に喪失しちゃった!けっこう守ってたのになあ。(笑)

 「フォワード」・・・サッカーじゃなくて。「毛先の流れを、前に向かって作るスタイル」のことだそうだ。誰がこういうネーミングを決定するんやろうねえ。それがいつの間にか世間に浸透して当たり前のように使われるようになったりするんやから不思議やなあ。

 「ワッフル」・・・「ワッフルアイロンで髪にウェーブをつけたヘアスタイル」らしい。ワッフルアイロンって何? あのスティック状のやつかな? あっ、「ヘアアイロン」って載ってるがな。「ストレートアイロン」はわかるけど、「カーリングアイロン」って何? カールさせるんやろうなあ、たぶん。そんなん使ったことないわ。ワッフルねえ。洋菓子のワッフルは好きなんやけどねえ。

 などなど、けっこう勉強させてもらいましたわ。

 以上をふまえて、今日はバッサリと散髪しに行ってこようかなと思ってます。

 

 

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー