MY FAVORITE globe's SONGS BEST 10

 以前にも書いたけど、globeはTM NETWORKの流れでデビュー時から見てる。このサイトにはいわゆるgloberって言われるファンの方達がよく見てくれているので、ここら辺でオレの中でのglobeソング BEST 10を発表してみようかな、と。(笑) なおデビューからglobe vs pushの『dreams from above』までを対象としております。

 ちなみに今春のミュージック・ステーションのスペシャルでは以下のようになっておりました。

第10位 『DON'T LOOK BACK』
第9位 『sweet heart』
第8位 『Love again』
第7位 『FACES PLACES』
第6位 『Many Classic Moments』
第5位 『Feel Like dance』
第4位 『FREEDOM』
第3位 『FACE』
第2位 『Can't Stop Fallin' In Love』
第1位 『DEPARTURES』

 おおよそは、やっぱりって感じの結果やけど全く理解できないのが『sweet heart』。アレええかあ?印象薄いわ。ドラムン・ベースっていう部分では面白いけど、楽曲としてそんなにイイとは思わない。

 意外なのは『DON'T LOOK BACK』やなあ。オレもわりと好きやけど、こんなBEST 10に入るほど人気があるとは思わなかった。だってけっこうマニアックな作りしてるでえ?プログレッシヴやし。ちょうどTMでプログレやってた時の曲でもあるしねえ。この曲のイントロを聴くといっつもTM NETWORKの『A Day In The Girl's Life(永遠の一瞬)』とTK MUSEUMの『Welcome to the Museum』を思い出すねんなあ。どれも比較的プログレに影響を受けた曲やなあ。後KEIKOの早口のヴォーカル部分は、哲ちゃんのソロ曲『SHOUT』を彷彿させるねえ。(笑) 聴き比べてみて下さい。

 他の曲はやっぱりカラオケでも根強く人気のありそうな曲ばっかりやなあ。

 さてオレの場合、どっぷりglobeってわけじゃない。先ず、globe以外の哲ちゃん関連の曲を全部聴いてるしねえ。そして邦楽だけじゃなく洋楽もメチャメチャ多岐にわたって聴いているわけで。そう、「ジャンル・国籍・時代を問わず何でも聴いてみる。」っていうのがオレのモットーやからね。かなりの雑食性。

 でもって、自分は音楽を創る人でもある。と、なると多少・・・いやひょっとするとかなり普通の人達とは違う見方をしてる部分もあると思うねんな。目線が違うと思う。そういう意味でオレの選んだ10曲を通して、何か感じたり再確認するものがあればいいんじゃないかと思った次第であります。これでオレの嗜好ぶりもわかると思うし。

 セレクトするにあたって、かなり迷ったけどね。みんなそうやと思うけど、10曲にしぼるのって難しいわ。とりあえず現時点での気分でってことで。

 第10位は『Can't Stop Fallin' In Love』。これはねえ、仕事でしょっちゅうやってるから飽きてる部分もあるし、ハズそうかとも考えたんやけど、やっぱメロディーが捨てがたい。切ないやん? 詞は不倫ですな。(笑) スケール的にはなんとなくオレの地元である京都っぽいイメージも湧いてきたりして、なんか身近な部分も感じたりする。「和」なフレーズが心地いい。アルバムのヴァージョンもイイしね。ただこっちのヴァージョンはちょっと粗い。あのアルバム『FACES PLACES』は勢いはあるけど、かなり粗さが目立つ。何でコレでOKテイクにしちゃったんだろう?って思う部分もちらほら。その点が聴きづらい。やっぱり緻密さより鮮度の方を重視したんやろうね。あんまり何回も歌いすぎちゃうと変に小さくまとまっちゃったりもするし。好きなアルバムではあるけどね。

 第9位は『Stop! In The Name Of Love』。自分でも意外。(笑) 最初、この曲聴いた時はまあ普通やってんけどね。それが何か聴いてるうちに好きになってきてしまった。原曲はシュープリームスやけど、これをTKは見事にglobe的tranceに仕上げている。かつてKiss DestinationでTOTOの『Africa』をカバーしてたけど、それよりもはるかに自分たちのモノにしていて完成度が高い。LIVEでも気持ち良かった。この曲に関してはシングル・ヴァージョンの方が好きやね。♪No No No No Noがあるし、♪Take it over〜の部分が特に気持ちイイ!後奏を聴くといかにも小室節って感じでシンセのサウンドもステキ。今マイブーム的にセレクト。

 第8位は『楽園の嘘』。最近のバラードの中でも特に秀逸な作品。メロディーがバツグンに綺麗。なんかピュアな気持ちになってキュンとしてしまう。アルバム『Outernet』って前半がtranceで後半が普通の曲っていう構成の変則的なアルバムやから、ともすれば見落とされそうな曲やけど、名曲ですなこの曲は。聴いてるうちに耳に残って段々自分の中で存在感が大きくなっていった曲。

 第7位は『Precious Memories』。早く出すぎじゃないかという声も聞こえてきそうやけど、とりあえずこんなところで。(笑) globeの曲の中でも名曲中の名曲。シングルになってないけども、根強い人気のある曲やね。この曲は最初全然好きじゃなかった。オレって相対的にバラードってそんなに好きじゃないんよ。で、この曲も「かったるいなあ」なんて思ってたんやけどね。やっぱり詞が入ってきてしまった。どうにもこうにもいろんなことを思いださせられる詞で、たまらなくせつなくなってしまう。涙出そうなくらい感情移入できる詞やな。globeの曲の中の詞では一番好きかもしれへんね。正直言ってglobeの詞って自分にとってあんまりピンとこないものも多かったりするんやけど、この曲の詞は素晴らしい!

 第6位は『Wanna Be A Dreammaker』。これも仕事でやることもあるから、ハズそうかと思ったりもしてんけどね。やっぱりサウンドが好きやから、抑えとかんといかんかなと。明らかにThe prodigyやThe chemical brothersあたりのビッグ・ビート、デジタル・ロック、ブレイクビーツといったサウンドを意識して作ったと思われる。この路線でもう少し作っても良かったんとちゃうかって思ってんけどね。まあこの攻撃的なサウンドが決め手かな。さっきの『Precious Memories』と違って詞に関してはハッキリ言って好きじゃない。ブっちゃけて言うけど、詞の中にタバコが出てくるとムカつくねん!だから『Anytime Smokin' Cigarette』なんかもう最悪!オレの中ではね。曲は好きやけど。でも、こんなん言うてるけどこの『Wanna Be A Dreammaker』はよくカラオケで一人でも歌ったりする。(笑) ストレス発散には気持ち良かったりするんだわ。そういえばこの曲でglobeがレコード大賞もらってたな。アレはいかんよ!あんなもん世間が納得せんわ。出来レースっちゅうのがまるわかりでメッチャ恥ずかしかった。哲ちゃんはかつてレコード大賞にTM NETWORKの『BEYOND THE TIME』がノミネートされた時に、「僕達は賞を取るのが目的で音楽をやってきたわけじゃありません。」って言って、出演を辞退したっちゅうのに、何やこの変わりようは!

 第5位は『a picture on my mind』。曲調はロックやから激しいんやけど、実はプリクラの歌だったりする。(笑) 冷静に聴くとサビの♪Take a picture on my mind〜で絶叫のように繰り返してるのはちょっと恥ずかしいけどね。「私の心の写真を撮ってえ〜!」って何回も繰り返して叫んでるんやから、なんか変な人みたいやん?(笑) 外人の前では歌えへんで、コレ。でも曲調が好きなんだわ。ラストのサビのあの高さはひょっとしたらもうKEIKOも声出せなくなってるんじゃないかと心配してしまうけど。こういう雰囲気の曲ってKEIKOの歌の説得力が出やすいよねえ。だからアルバム『FACES PLACES』はかなりKEIKOの持ち味を引き出したアルバムやって思う。

 第4位は『a temporary girl』。これを先ず聴いた時にDURAN DURANの『save a prayer』を思い出した。あのエスニックなシンセフレーズがダブってんなあ。TKは昔DURAN DURANの東京ドーム公演にゲストとして出たことがあってんけどね。少なからず影響は受けてたハズ。ビジュアル的にもね。(笑) 今までのTKの曲と少し装いが違ってて面白い。あの印象的なシンセフレーズは「Nord Lead」のサウンドやと思うけど、ほんまにええ音してるわあ。この曲のTranceヴァージョンも是非聴いてみたいねえ。

 さて、BEST 3の発表に入る前に、惜しくもBEST 10入りを逃した作品を見てみよう。(笑) 

 『Joy to the love (globe)』。以前にも書いたけど、globeの初ステージであるTK DANCE CAMPの大阪会場で耳にした。この時はあんまりイイとは思わへんかった。しかし、CMソングとして何度も耳にするうちに段々好きになっていってしまった。なんとなく切なくなっちゃうねんな。ちょっぴり胸にくる感じが心地良い。詞もけっこう好き。しかしながら惜しくもBEST 10入りならず。

 『Winter comes around again』。『Wanna Be A Dreammaker』『Sa Yo Na Ra』『sweet heart』『Perfume of love』のシングル4枚買うともれなく当たるという大奮発企画の非売品CDシングル。これなかなか商品が届かなくてねえ、心配になって事務所に問い合わせたことがあった。(笑) ほんなら商品が追いつかないんでもうちょっと待って下さいってオバちゃんが丁寧に答えてくれたのを思いだす。(笑) 曲を聴いてびっくりしたのは『DEPARTURES』と『Can't Stop Fallin' In Love』を合体させていたこと。詞はアンサーソングっぽくしてる。オルガンとピアノが印象的。いささか強引な部分があるのは否めないけど、なかなかイイ感じで気に入った。ただレコーディング時間に余裕が無かったのか知らないが、これまた粗いんだわ。特にKEIKOのパートはかなりの高音でファルセットに切り替えたりしないといけない部分があって難度が高い。そのせいで音に当たりきってない部分があってちょっと聴きづらかったんよね。で、迷ったあげく今回は完成度を考慮して『Can't Stop Fallin' In Love』をBEST 10入りさせちゃったってわけ。ん?『DEPARTURES』はって? 最初イイ曲だと思ったけど、すぐに飽きちゃった。(苦笑) Aメロがユーミンの『卒業写真』にも似てるし。(さらに苦笑) ちなみにこの曲のタイトルを聞いてTM NETWORKの『Winter Comes Around』を思いだすのはオレだけじゃないハズ。だからagainを付けたのかな?(笑)

 『INSPIRED FROM RED & BLUE』。最新アルバム『Lights2』からの曲。チャーチ・オルガンのサウンドを使っているせいもあって、非常にヨーロッパの香りがする。詞の内容はモロにマルク・シャガールの人生。なんかこの雰囲気に酔いたくなってしまう曲。ただこの曲のイントロを聴くとglobeの『RUN AWAY FROM THE NIGHT』のサビを思い出してしまう。(苦笑) それにKiss Destinationの『DEAR MY CLOSE FRIEND』にもちょっと似てたりするしね。(さらに苦笑) そんなこともあって今回はお見送り。

 『garden』。tranceモノ。インストでも十分聴ける曲。曲調が好き。おお、ついにglobeもtranceに来たかって感じやった。TKがこっち方面に走ることは十分予想できてたんやけど、globeでここまで濃いtranceをやるとは!って感じやったな。しかしこっちに走るとKEIKOが困ってしまうんじゃないかっていう危惧もあった。KEIKOってロックな人やと思うし、果たしてtranceで持ち味を発揮できるのか?ってね。LIVEではまあそれなりに形にしていたかな。歌を聴かせるってわけじゃなくて、空間演出って点が大きかった。

 ってな感じで、この辺りの曲が迷わせてくれた。それでは、BEST 3の発表に参りましょう!

 第3位は『とにかく無性に・・・』。なんで?って思うかもしれない。しゃーないやん、オレの好みなんやから。(笑) サウンドと曲調が好きなのだあ。この二つはオレの中でかなり重要なポイントやからね。最初に耳に入ってくるっていう点で。詞よりも先ず曲やから!それにこの曲はオレが以前作った曲とコード進行が一緒やねんな。だからオレの感性にも非常に近い曲ってことにもなる。TKの曲を聴いてるとちょっと童謡チックなフレーズなんか出てきたりして懐かしく感じることがあるよね。例えば渡辺美里の『ムーンライト・ダンス』とかglobeで言うと『Knockin' on the door of my heart』とかね。で、この曲もそういうものを感じるねんなあ。童謡と言うよりかはアニメソングに近いかも。(笑) この曲のハモリはTKじゃなくてKEIKO自身がやってるけど、そこがまたカッコ良かったりする。別にTKのハモリが嫌いってわけじゃないよ。味はあると思うし。(笑) でもこの曲に関してはKEIKOの声が合ってるって思う。やっぱり歌ってる本人の声の方が馴染みやすいからね。globeのハモリはハッキリ言ってあんまり混じり合ってないように感じることは多い。そういう意味ではほんまに安心して聴けるねんな。それにこの曲は他のアーティストに見られないようなサウンドとスタイルでglobeのオリジナリティーというモノを感じる。面白みのある曲やと思う。

 第2位は『FREEDOM』。やっぱりねえ、TMで育った人間としては、この曲には強い共通部分を感じますよ。勢いがあってイイやねえ。MARCも大活躍。ゴダイゴみたいに1オクターブ下のユニゾンがあるところも気持ちイイ!間奏部分はバロック調でこれまたシーケンスフレーズが気持ちイイ!globeの曲って男の場合あんまりカラオケで歌えなかったりするけども、この曲はけっこう歌ったりする。サビはTKパートを歌えばいいし。ノリもいいし未だに飽きない曲やね。詞はTM時代では考えられなかったようなTKのボキャブラリーが感じられて面白い。

 そして、いよいよ第1位は!?全く誰もが予想できなかったと思われる『What's the justice?』だ!オレがglobeの曲を聴いた中で一番鳥肌が立った曲。最初聴いたのは『サイボーグ009』のオープニングやった。オリエンタルなメロディーからカウントと共に繰り広げられるtranceがかなり斬新。サイレンのような近未来的なサウンドが攻撃的だ。『genesis of next』よりこっちの方が待ち遠しくて仕方なかったもんなあ。globeでこの曲ほど新曲発売日を待ち焦がれたことは無かったかも知れない。まさか歌がたった1コーラスやとは思わなかったけどね。1コーラスだけど、かなり優れモノのメロディーライン。後半部分はかなりコアでプログレッシヴなtranceで、小室哲哉ならではのとんがった曲に仕上がっている。これはシングルでもアルバムでもどちらのヴァージョンも甲乙つけがたいサウンドやね。インストで聴いても十分カッコイイ!シンセフレーズがこれまたカッコイイ!オレのツボにガンガンハマッてくれた曲ですわ。

 こうやって見てみると意外と最近の曲が多かったりもする。TKが言ってたけども、自分が今まで浸透させてきたヒット曲のスタイルを破壊したいのだと言う。そういう意味でも最近の曲は面白い。確かにglobeはかつてのヒットを連発してた頃に比べると、すっかり売れなくなってしまったが、やってることのクオリティーは低くないし、むしろ実験性が高くなってるわりには完成度も高くなっており、globeにしかできない音楽というものをやりつつあると感じられるのが嬉しい。ただ一般との距離感を感じる楽曲も多いんで、当分は大ヒットに恵まれないかもしれない。それは何かもう一つ足りない感があるんだわ。何か・・・。そこに時代の波長とのズレを感じる。大ヒットには結びつきそうにないズレを。挑戦的な姿勢のglobeだから個人的にはそれでもかまわないんやけど、ちょっぴり寂しいかな?

 それでもアルバムの『Lights』は完成度では今までで一番だと思う。あのアルバムはほんまに何回でも聴けるし、1曲1曲の完成度も高いと思うな。ただアルバム・ヴァージョンよりシングル・ヴァージョンの方が良かったっていう曲も多いけど。第一、KEIKOの歌唱力が本当に成長したって感じられる。昔みたいに無茶な声の出し方もしていないし、とても聴いてて心地よい。ソロ活動を通して成長した部分もあるやろうね。これでこそ歌姫って感じですよ! それとMARCも着実に自分のパフォーマンスに力をつけてきていて、安心して聴けるようになった。昔はまだ地に足が着いていないような感じがしたもんやけど。(笑) TKに至ってはもう熟練の域ですな。独学のピアノも昔より安心して聴けるようになったし。ここにきてようやくglobe3人の個々の力が存分に発揮されるようになったって気がした。

 最も売れた1stの『globe』も好きやけどね。なんせ勢いはメッチャあるけどリバーブかけすぎてて、今聴くと若干ショボい。そんなにごまかさんでもええやろうって思うし。たしかにまだKEIKOの歌も真価を発揮できてなかったと思うけどね。『FACES PLACES』からやね、粗いけど全面的にソウルを感じるようになってきた。それでも『globe』はポップさで言ったら楽曲の良さはほんまに粒ぞろい。さすが450万枚も売れただけのことはあるわ。一番好きかも? まあ『globe』『FACES PLACES』『Lights』がオレの中ではアルバムBEST 3やね。

 そういえばBEST10に全く『Love again』からの曲が入ってない。あんまり好きじゃないねんなあ、あのアルバム。だってダサいって感じちゃったからねえ。正直言って短期間で作りすぎやって思った。それにオレがTKに求める大きな要素として、「驚き」っていうのがあるんやけど、この部分が少ない。ファンの間では意外と評判イイみたいやけどね。木根さんも本の中でglobeの曲の中では『Love again』という曲が一番イイようなことを書いてたっけな。けれどオレの中ではそんなに評価は高くない。「驚き」はTMを見続けてた人間としては必要不可欠なのだ!!

 ちなみにglobeのワースト作品をあげると『biting her nails』かな。アレをわざわざシングル・カットする感覚がさっぱりわからんかった。globeの世間とのズレをすごく感じてしまったのがなんかイヤやったね。この辺りからTK作品も下降気味やったからなあ。globeは他のアーティストがしないようなことをメジャーなシーンにおいて展開してみせるところが魅力でもあるけど、この曲に関しては納得がいかなかった。

 このMY FAVORITE BEST10はいかにオレが他のgloberと感覚がズレているのかということがわかったかもしれない。(笑) しゃーないやん、これがオレなんだから。(爆)

globeの『CRUISE RECORD 1995-2000』を聴きながら・・・   

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー