2004.09.01〜09.30

9/1 「何で彼女ができへんの?」 

今朝も仕事が終わってからうちのスタッフ2人とHさんとオレの4人で飯食いに行ったんやけどね。
Hさんがいきなり「JIN君モテるやろ?」なんて言うもんやから、「いえいえ、全然モテないですよ」ってな会話に。
で、「JIN君ぐらい男前やったら・・・」っていう毎度お馴染の話になるわけやけど(笑)、いつも言ってるようにこれがサッパリピンとこない。
オレだってほんまに男前やったらもっとモテとるやろうって思うもんなあ。(爆) 
Hさんは若い時は後ろから女性が付いて歩いてくるぐらいかなりモテてたそうなんで、そういう女のことに関してオレを見てると「勿体ない」って思うんだそうな。
これはもう昔から言われてきたことではあるけども。(笑) 
オレも正直言って勿体ないと思う。
オレ自身刺激が欲しいっていう部分だけじゃなくてオレと付き合うことで相手にも他の男では決して得ることはできないであろう刺激を与えられるっていう自信はあるからね。
Hさんも若い時はモテたと言うだけあって男前やとは思う。
ただHさんの場合は濃い〜顔立ちで「俺は好きな人はすっごい好きになってもらえる顔やけど、好き嫌いが分かれる顔やと思うねん。でもJIN君の場合はたくさん好きやと思われる男前やと思うんよ」っていうことを言わはった。
うちのスタッフいわくオレって「美形」タイプの男前ではあるらしい。
自分で書いててかなり恥ずかしいんやけど(爆)、ここからが本題で「なのに何で彼女ができへんの?」っていう話。
「JIN君は頑なすぎるから、付き合う女性もしんどいやろうねえ」なんて痛いお言葉も。
オレが女性から敬遠される要因は、おそらく「厳しい」「固い」といったイメージが大きいんやと思う。
そして何よりもオレ自身が惚れっぽくないってことと女性に対して潔癖であるっちゅうことやろうな。
女性ってだいたい受け身やから男の方からある程度アクションを起こさないと始まらない。
そして女性も自分を好きだと言い寄ってくる相手に対してだんだん存在感が大きくなっていってくっついちゃうっていうパターンが多いように思う。
なのに惚れっぽくないオレは当然マメにもならんし、中途半端に彼女を作るぐらいなら一人でいる方がマシって思ってる部分もある。
実際、最近いろんな女性とデートはしてみたいなあなんて思うものの、彼氏彼女っていう仲まで進展させるのはストップをかけてしまいそうな感じ。
結局はオレ個人が一人の男として一人前であるっていう域に達していないことのコンプレックスがあるんやと思う。
まあ元々一人の時間が好きやし、そんなに寂しがり屋でもないので言うほど深刻でも無いんやけどね。(笑) 

そんなオレをHさんが今度キャバクラかセクキャバに連れて行ってくれるらしい。(爆) 
キャバクラはかまわんけど、セクキャバは引くやろう〜。(爆爆) 

今日は映画の日ってことで『リディック』を観に行きたかったけど、上映時間が中途半端やったんで断念。
そのかわり昨日フライングGETしてきたTM NETWORKの2枚組DVD『TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK"』をザーーッと見た。
詳しい感想はまた後日書くとして、最後の方はやっぱり感動したなあ〜。
いまだに行かなかったことを後悔してるわ。(笑) 

2004.09.01 TM NETWORK『THE POINT OF LOVERS' NIGHT』を聴きながら・・・。

9/2 お金と愛 

今日もまたトリビアネタ。
また『トリビアの泉』で面白いことを調べていた。
「80歳以上の女性が結婚相手に必要だと思っているのはお金と愛どちらなのか?」というもの。
先ず20代の女性(100人)に聞いたところ、お金が41人愛が59人ということで愛が少し上回った。
それから全国7地域各300人計2100人を調査。
その結果は以下の通り。
北海道・・・お金121人・愛179人 
東北・北陸・・・お金153人・愛147人 
関東・・・お金116人・愛184人 
東海・・・お金158人・愛142人 
関西・・・お金197人・愛103人 
中国・四国・・・お金112人・愛188人 
九州・沖縄・・・お金105人・愛195人 
日本全国・・・お金962人・愛1138人。
いやあ〜、人生の大先輩の意見とあってなかなか興味深かった。
個人的には「愛」が勝ってくれてホッとしたわ。(笑) 
でも割合にしたらそんなに変わらへんもんねえ。
人生いろいろあるんやなあって思うと同時になんか生々しくてまたしても結婚願望が遠のいた。(爆) 
だって関西なんてモロに土地柄を反映しとるがな!
これだけ「お金」っていう人達が多いのを見ると、やっぱりマナーの悪い自分さえ良ければっていう実に愛を感じない大阪らしい・・・あっ、大阪とは限らないのか。(笑) 
関西でもどの県がどうだったっていうのを出してほしいところやね。
ほんじゃ「お金」って答えたのはほとんど大阪人だったなんてことになるかもしれへんし。(爆) 

お金は確かに大事やけども所詮お金はお金。
人の心までは買えない。
買えたかのように勘違いしてしまう人も多いんやろうけど、まあ本気でそう思って死んで行ける人は幸せかもしれない。(笑) 
やっぱり究極の選択では「愛」でしょ!
でないと貧しい国の人達はどうすんの?
この世に生まれてきたのにみんな不幸なんかいな?
やっぱり貧しくても心が豊かなら幸せやったなあって思いながら死んで行けるんとちゃうん?
物質的に満たされることよりも、精神的に満たされることの方がはるかに大事なことやと思うし、それが魂レベルの幸せになるんちゃうかなあ?って思うんよね。
勿論衣食住っていう最低限の生活が保証されないことにはなかなか豊かな心を養う余裕も起こってこないのかもしれない。
今回は80歳以上の女性に聞いたってことで、そういう「究極の選択」っていうレベルの話じゃなくて、どうしても自分の人生どうだったか?っていう経験に基づいた部分での答えやろうからお金で苦労したら「お金」って答える人達も多くて当然やとは思う。
「お金」って答えた人に聞いてみたい。
「あなたの人生は幸せでしたか?」ってね。
もしオレが結婚して老後自分の妻がこんな質問をされて「お金」って答えた日にゃあメッチャショックやろうなあ。(笑) 

2004.09.02 堀ちえみ『愛を今信じていたい』を聴きながら・・・。

9/3 日記短縮計画 

8/23まで粘ってなおもいつもの調子で続けてるこの日記、なんとかならんもんかと思案中。(笑) 
今後できるだけ短くしようと目論んでおるんやけどね。
どうもそれがなかなかできない。
書き出したらなかなか止まらないもんで。(笑) 
古い常連さんなら覚えてるかもしれないけど、願わくば一番最初の頃の『流れ文字プチ日記』レベルまで小さくまとめちゃいたいんよね。
そもそも今の調子で続けてること自体普通じゃない。
「オレってようやるわ」って感じやわ。(爆) 
毎日自分の中で文字制限でも設けてみようかな?(爆爆) 
そう言えば携帯電話から送られてきたメールを返した時によく文字数をオーバーして途中で切れてることが多い。
長文慣れしちゃってるオレからすると短くスッキリってのはけっこう苦手なのかもしれない。(笑) 
だからかえって短いのに挑戦するっていうのもやり甲斐があるかもね?・・・なんてただ単になんとか手を抜く方法を考えようとしてるだけやったりして。(爆) 

2004.09.03 Vincent de Moor『Flagpoint [Short Version]』を聴きながら・・・。

9/4 クイズ!鼻歌ドレミファ〜ドン!! 

うちのスタッフのCちゃんがKylie Minogue(カイリー・ミノーグ)『can't get you out of my head』っていう曲が欲しかったそうなんやけど、「カイミーなんとか・・・」とかちゃんとアーティスト名も覚えておらず、曲名もわからなかったので、CDショップで店員さんの前で♪ナ〜ナ〜ナ〜ナ〜ナ〜ナナ〜ナ〜・・・って鼻歌で歌ってみせたのだそうな。(笑) 
それでもその店員さんはちゃんとこの曲が入ってるアルバム『fever』を見つけてきたのだからたいしたもの。
うちの店でもよくお客さんが「この曲入ってない?」とか言って鼻歌で歌ってみせたりすることがある。
これがSMAPの中居君レベルならサッパリわからない。(爆) 
どんなに印象的なフレーズでも、音の高低がハッキリ現れないと単なる鳴き声や呻き声にしかならない。(爆爆)
それにみんな鼻歌になるとオリジナルキーより低めに歌うことが多いので、曲の雰囲気がちょっと変わっちゃってわかりにくいこともよくある。
オレの場合、原曲のキーを頭が記憶しちゃってるんで、音が無くてもその曲が歌えるんやけど、コレって普通の人には出来ないんやろうか? 

2004.09.04 Kylie Minogue『can't get you out of my head』を聴きながら・・・。

9/5 ああ、ミスチルゥ〜〜・・・なかなか決まらぬ東京遠征計画 

今日チュートリアルの片方の人が御来店してはったんやけど、オレは最初誰だかわからなかった。
別にややこしい格好をしてたからっていうわけじゃなくて、単にオレがチュートリアルの二人ってどんな顔をしてるのかっていうのがわかってなかったからだけなんやけどね。
今非常に人気があるらしいし、他のお客さんからも携帯写真をせがまれてたけども、オレはどんなネタをやってたかも思い出せへんねんなあ。
確か片方は昔チェ・ジウにナンパされたことがあるとかどうとか言って吉本一の男前に選ばれてなかったっけ?
今日来てた彼は爽やかには見えたけどそんなに男前に見えなかったから、そちらじゃない方の人やろうね。(笑)
でも愛想も良くてみんなと一緒に朝まで楽しんでてなかなか好青年っていった風だった。
歌はTHE BLUE HAERTSの『青空』とかサザンの『LOVE AFFAIR』を歌ってたなあ。
特にうまくもヘタでもなく、まあまあって感じやった。
さてさてこの人なんていう名前なのか今度調べておこう。(笑) 

さて、ここからが本題。
9/11(土)9/12(日)Mr.Children横浜国際総合競技場でLIVEをやる。
これを一緒に見ないかっていう東京に転勤したばかりの友達からのお誘いがあったんやけどね。
ちょっと無理っぽいってことは前に言っておったんやけど、日曜日ってことで前向きに検討してみようかなとも思っていた。
ところが、9/11のチケットも取れたってことで、これがなんと前から5列目!!
うわあ〜、行きたいなあって思ったけど土曜日は仕事があるからなあ・・・。
なんせ急やしねえ。
9/12はFブロックの60列目ぐらいのようなことを言ってたんでかなり遠いらしい。
どうせ高い交通費を出して行くなら当然イイ席で見たいわけで。
で、日曜日行くにしても昨日行けてたらもっとイイ席やったのにっていう悔しさがあるしねえ。
だったらもういっそのこと諦めてしまった方がいいように思った。
これがもし、globeのツアーの予定が発表されてなかったら、仕事を休んででも観に行くと思う。
だってミスチルをこんな大会場で前から5列目でなんか滅多に観れるもんやないがな!
「globeのLIVEに合わせて東京へ行くかもしれない」っていうのさえ無ければねえ・・・。
週末に仕事はそうそう休めへんからなあ。ここぞと言う時にだけしか休むつもりはないからねえ。特にglobeのLIVEが金曜日だとかだったら2日間休まないといけない可能性もあるから、今ここで休みを取っちゃうと近いうちにまた休みをとるなんてことは非常にしづらいし、イメージ的にも良くない。
最悪なのはglobeの東京LIVEが水、木といった中途半端な平日に行われることやな。
LIVEだけが目的の遠征なら別にかまわんのやけど、今回はそうじゃないからね。
こうなるとわざわざLIVEに合わせて遠征はしないかもしれないし、それなら1日休みをとってミスチルのLIVEに行けば良かったってことになる。
だから早くglobeのツアースケジュールを発表してくれっちゅうねん!!
噂されてた10/8日本武道館ってのも、今の時点でチケット発売が無いってことになるともう考えられないもんなあ。
じゃあオレの東京遠征計画はどうなっちゃうのか???
今かな〜り悩み中・・・。
オレが年を一つとるまでに行けるかどうか微妙になってきたぞ・・・。(苦笑) 

2004.09.05 Mr.Children『PADOLE』を聴きながら・・・。

9/6 地震だあ〜!!こいつはクマった〜!! 

昨日の午後7時まわったぐらいにデッカい地震が来てかなり焦った!
オレの部屋は小さいマンションの2階なんやけど、1階が駐車場になってて空洞になってるからメッチャ揺れるんよね。
けっこう長い間揺れてたからこれ以上揺れたらヤバいと思ってズボンを穿いた。
って言うのも部屋の中ではTシャツとトランクス一丁やし、こんなんで外に逃げたら横○ンがマズいと思ったからねえ。(爆) 
後は腕時計とサイフだけは持って出ようと身構えた。
よっぽど机の下に潜ろうかとも思ったけど、まだ物が倒れてくるほどでもなかったのでそこまではしなかった。
地震が起きるといつもあの阪神大震災の時の大揺れの恐怖を思い出すんやけど、心のどこかでそうそうあんな大惨事にはなるまい、自分が巻き込まれたりはしないと信じたい自分がおるんよね。
その後もう1回0時過ぎにも地震がきた時にもそう思った。
震度4やったから冷静さはあったけど、これが震度7なんてことになったらもうどうしたらええかわからんような気がするわ。
大きな地震があった時はいつも非常用バッグを用意しておかんとなあとは思うんやけどね。 

話は変わって昨日の『発掘!あるある大事典』でオレにとって非常に興味深いことをやっていた。
それは目の下にできる「クマ」だ。
オレはもう慢性的でかなりヒドい。
番組で言うところの一番ヒドいレベル3と言う「蓄積クマ」。(汗) 
完全に色素の沈着にやられてしまってるっていう感じ。

このクマ発生のメカニズムは、
夜更かしなどは血行不良を引き起こす。

細胞では酸素を消費し続けるため血液の色が悪くなる。

目の下は毛細血管が少なく酸素不足になりやすく、身体の中でも最も皮膚が薄いため、皮膚の下の血液の色が透けて見えやすくなる。
・・・ってことらしい。

これが寝不足でもないのにクマができるようになってくるとレベル2ってことで、慢性的なストレスと慢性的な血行不良が原因
自律神経によって体温・発汗など身体の機能を調節しているのが、ストレスがかかると交感神経が働き緊張状態になり、全身の血管が収縮して慢性的な血行不良となるのだそうな。
これを改善するには自律神経のバランスを整えることが大切
番組で勧めてたのは手軽にできる「爪マッサージ」と「つまみマッサージ」。
「爪マッサージ」薬指以外の爪の生え際を挟むように揉むというもの。
薬指だけは交感神経を刺激するので逆効果になるので注意とのこと。
目安としては1本の指につき10〜20秒、朝・昼・晩1日3回で、交感神経優位から副交感神経優位に切り換えて血管が拡張する効果があるという。
「つまみマッサージ」は肩や首を軽くつまんで放すだけ。
目安としては5分×3セット、朝・昼・晩1日3回で、リンパの流れで血流が良くなるという。

さて問題のレベル3「蓄積クマ」やけど、これはメラニンが蓄積したクマ
そのメカニズムは、
血行不良の状態が続くと活性酸素が発生。

活性酸素から細胞を守るためメラノサイトがメラニンを大量に生成。

肌のターンオーバーが遅れメラニンが蓄積。
・・・っていうことに。
これは「顔のゆがみ」が原因なのだそうな。
その顔のゆがみでクマができるワケは、頭蓋骨は23個の骨から成立していて、顔のゆがみが起きると骨のつなぎ目を通る血管が圧迫され目の周辺の血流が悪化し、やがてメラニンが沈着し蓄積クマを生成するという。
顔のゆがみの原因は、片噛み癖や頬杖や横になって寝るといった行為で簡単にゆがんでしまうらしい・・・。
ここで番組が教えてくれた解消法とは「ムンクの叫び体操」っていうもの。
1.両方の手の平でアゴの付け根を挟むように軽く押える 
2.口を開いて閉じてを10回繰り返す 
3.同じ態勢で下アゴを左右に10回動かす 
・・・といったものだった。
だからオレみたいなレベル3だと、「ムンクの叫び体操」と同時に血行改善マッサージを毎日マメにすることが大事ってわけやね。 

このクマが消えると12才若返るって言ってたけど、オレの場合ただでさえ若く見られるのに、これ以上若く見られるようになったらどうしたらええんやろうか?(爆) 
そう考えるとクマがあってちょうど良かったりして?(爆爆) 

2004.09.06 竹本津太夫、竹沢団七『文楽 一谷嫩軍記「熊谷陣屋の段」より』を聴きながら・・・。

9/7 状況一転!!急遽ミスチル横浜LIVE参加か!? 

昨日、東京に転勤した友達からまた電話がかかってきた。
なんと9/12(日)Mr.Children横浜国際総合競技場LIVE最前列がGETできそうやって言うやん!?
なんでも9/11(土)の5列目のチケットがイイ席やっていうことで高く売れそうなので、そのかわりに端っこの方やけど最前列が取れそうらしいわ。
ってことで「来ない?」って言われたから急遽横浜まで行く方向で。
まあまだ彼女の手元にチケットが届くまでは安心できへんけどね。 

この秋の東京遠征に向けて自分自身もうちょっとリニューアルしてからいろんな人に会いたいっていうのがある。
って言うのも随分オレの手持ちのアイテム達がくたびれておるもんやから、秋ってこともあるしもうちょっとオシャレライフにしたいな、と。(笑) 
で、手始めというか足始めというか(笑)、シューズを新調した。
選んだのは「archive new balance M815J BK BLACK」
こうやって書いただけでどんなシューズか頭に浮かぶ人はきっとオシャレさんなんやろうなあ。(笑) 
オレはこのシューズを履くことがオシャレなのかどうかはサッパリわかってないんやけど、とりあえず歩きやすくて着る服に合いそうなのをってことで店員さんともアレコレ喋りながらこれを選んだ。
若干赤が入ってるようなのに魅かれつつも、黒なら汚れも目立ちにくいし、どんな服にでも合うからコレにした。
ちなみにオレの足のサイズは26.0。 

他にも今週中に髪をバッサリ切って、今の黒髪からまたブリーチでオレンジっぽくしようかなと思ったのでそのブリーチも買ってきた。
色は結局「プラチナブロンド」で。 

他に用意しようと思っているものはまだまだたくさんある。
メガネ、コンタクトレンズ、リュック、ジーンズ、シェーバー、携帯電話など。
新型iPod最上級モデルに乗り換える経済的余裕はちょっと無さそうだ。
まだチケット代や交通費も用意しないといかんしね。
秋物の洋服ももうちょっと買いたいし。
果たして、こんなにバタバタとすぐに買いそろえることができるやろうか?
その前に先月けっこう暇やったからスンナリ給料を今日もらって来れるのか?っていうのも気になる。(汗) 
どうやらここんところの貯蓄が一気に無くなってしまいそうな勢いやぞ・・・。(苦笑) 

・・・あっ!これを書いてるちょうど今また地震が!! 
震度3か。
なんか油断できへんなあ〜〜。 

2004.09.07 Mr.Children『Pink〜奇妙な夢』を聴きながら・・・。

9/8 台風一禍 

暴風警報の中、出勤時間よりもかなり早めに出かけて日本橋に行った。
新しいシェーバーを買おうと思ったのと、携帯電話を検討しようかな、と。
そして何よりTHE MUSIC(ザ・ミュージック)のニュー・アルバムをフライングGETする予定だった。
ところが、いざ行ってみると店が閉まってるではないか!?
定休日じゃないハズやのにおかしいなあって思ってたら台風18号接近のため早く閉店したという貼り紙が!!
こらあ〜!!わざわざやって来たのに何閉めとるんじゃ!!
火曜日は新譜がたくさん入ってきてるやろうに、こんなに早よ閉めてどうすんじゃ!!
CDは他の店でも買えないことはないけども、手元に期間限定のクーポン券があったからコレを使わないと勿体ないしねえ。
しゃーないからまた明日早出して買うことにした・・・。
この日は他の店もたくさん早めに閉めておったわ。

この後はちょっと音楽機材を見てから店まで行き荷物を置いてTSUTAYAに行った。
それで試聴と立ち読みで時間をつぶすことにした。
試聴して良かったのがRED CHERRY(レッド・チェリー)っていう女性ロックの『THE RECORDS』っていうアルバム。
これは明日買おうと思った。
他にはRachael Yamagata(レイチェル・ヤマガタ)なんかも気になったなあ。
邦楽ではutada『EXODUS』が鳴り響く中、これよりもEGO-WRAPPIN'のニューアルバム『merry merry』に衝撃を受けた。
こういうこともできるんやなあ?って驚いたね。
後はYMOのトリビュート・アルバムもなかなか面白い印象を受けた。
でも邦楽は高いのでレンタル待ち。
だいたいutadaは全米デビューしたっていうのに3000円で売ろうっていうのが気に入らない。
レコード会社もこの辺のことをもっと考えろよ。 

さて開店時間が迫ってきたのでいざ店へ。
いつものように開店準備をしてるんやけど早番のハズのIちゃんがいっこうに来る気配がない。
彼女の場合、遅刻の常習犯やから「ひょっとして今日もかあ?」っていうのと同時に、「ひょっとして台風で店を閉めることにしたんとちゃうやろなあ?」なんていうことも頭をよぎっていた。
10分以上待っても来ないんで電話してみると、案の定今日は台風のため店を臨時休業にしたという!!
オレの家に電話とメールをしたとは言っとったけど遅すぎるっちゅうねん!!
実はオレもこのパターンは予測してはいたんよね。
家を出るギリギリにメールをチェックしても何も来てなかったから今日は風は強いけど雨も降ってないし開けるんかなって思ってたらこのザマやで。
こういう場合オレはいつも確認のメールを入れるようにしてるんやし、それが無かったなら一応店に電話して確認してみろよ!っていう気の利かない彼女は0型です。(笑) 
携帯電話を持ってないとこういう時に悲劇が起こってしまうねんなあ。(苦笑) 

帰りは強風の中を向かい風に逆らいながら重いチャリのペダルを扱ぎながら帰ったわ。
踏んだり蹴ったりやったね・・・。 

2004.09.08 Herbie Hancock『THE EYE OF THE HURRICANE』を聴きながら・・・。

9/9 救急(9.9)やのになかなか準備ができへんねえ・・・ 

昨日もアイテムを揃えるつもりで早めにお出かけして日本橋へ。
とりあえずシェーバーを買おうと思ったら、オレのお目当てのやつはどうやらもう品切れだったようだ。
携帯電話のコーナーももう受付終了してたので、後はCDを買うだけ。
THE MUSIC(ザ・ミュージック)のアルバム『WELCOME TO THE NORTH』TALI(タリ)『Lylic on my Lip』
TALIは試聴してなかったけども、オレの好きなRONI SIZE(ロニ・サイズ)がプロデュースしてるってことなんで、ハズさないやろうと思って買った。
このアルバムをかけてて今日お客さんに「選曲がイイ!」って言われたんやけど、なかなかクールなアルバムやと思う。
それから昨日、RED CHERRY(レッド・チェリー)のアルバムを買うって言ってて、探したけど見当たらなかった。
後でわかったけどCHERRY RED(チェリー・レッド)の間違いだった。(笑) 
そりゃ見つからんわけだ。
他に中古CD店で03CD+DVD2枚組2ndアルバム『Monster』のサンプル盤が売ってたんで買った。
いつの間にか2nd出してたんやねえ。全然知らんかったわ。
『Monster』とか『20世紀少年』とか曲があるんやけど、どう考えても浦沢直樹のマンガの影響を受けて作ったとしか思えない。(笑) 
内容は1stはあんなに良かったのに突然ダサくなったって感じでガッカリ・・・。  

今日は散髪に行ってきた。
いつもならもっとロン毛になってからバッサリ切るんやけど、今回はわりと早め。
それでも4ヶ月ぐらいかな?
待ち時間があったからずっとファッション雑誌を見てたけど、こんな顔でも雑誌モデルになれるんやなあ?なんて思う人達もいて笑った。(爆) 
日本人ってやっぱり足短いよなあ〜。
いつも通り全体にシャギーを入れて、スタイリングで髪の毛を立たせやすいようにってことで切ってもらった。
ショートウルフみたいな感じ?
気持ち良くディープシャンプーをしてもらってから今度は某眼鏡屋の本店へ。
セール期間のくせして高いのはやっぱり商品がしっかりしてるからか・・・。
結局気に入ったフレームも見つからなくてチョコっと店員さんに話を聞いてから今度はリュックを見に行った。
その途中で偶然にもメガネ5000円でセールしてる店を発見!
ちょっと寄ってみた。
別にココで買っても良さそうやったけど、もう閉店ギリギリやったんで今日はやめにした。
オレの場合、コンタクトレンズも買い替えないといかんからメガネにそんな金をかけることはできへんからねえ。
で、リュックはと言うとめぼしいものをチェックしただけで今日買うのはやめた。
今度服と一緒に買って割り引いてもらおうと思ったから。
今日はクーポン券をプリントアウトして来なかったからね。
で、ブリーチしてる暇も無かったんで仕事から帰ってから朝にでもやろうかってことで。
ああ慌ただしいなあ。
明日もまたバタバタしんなんねえ。
問題はミスチルチケットの件がまだハッキリしてないことと、案の定いまだに給料がもらえてないことやね・・・。 

2004.09.09 THE MUSIC『Welcome To The North』を聴きながら・・・。

9/10 サラリーマンやってたらこんな髪の毛にはできへんかったやろうな(笑) 

仕事から帰ってきてブリーチをしようかと思ってたけど、眠気に負けてしまい起きてからやることにした。
「プラチナブロンド」ってことでややキツめのブリーチなんやけど、今回は見事に失敗した。(爆) 
いつもなかなか色が変わらないからと思ってゆっくりやってたら、意外にも早い時間で脱色してしまい、思ってた以上に明るくなりすぎてしまった。
それならそれでいいんやけどちょっと色ムラができちゃってねえ・・・。
これはもうオレがハゲを恐れるあまりの中途半端さが出てもうたんやろうなあ。(爆) 
こういうのはおもいっきりも必要やからねえ。
この前久々に完全な黒髪に戻してからのブリーチやったってこともあったかもしれないなあ。
まあコレも芸術の秋ってことで。(何がだ、オイ!・笑) 
どうせすぐに伸びるやろうし。(エロいから・・・ってオイ!・爆) 
今回はひょっとしたら史上最高にヤンキーみたいになってもうたかもなあ。(苦笑) 

さて、ブリーチしてから昨日見つけた店にメガネを買いに行った。
安かったから2つ選んだんやけど、両方ともちゃんとしたフレームのやつじゃなくてレンズだけのタイプのやつにしてみたんよね。
コレッてよく壊れるっていうから覚悟はしておるけども。
1つにはレンズにカラーも入れることにしたんで、少し値がはった。
で、視力検査をしたらやっぱり右目の方が下がってたみたいやなあ。
利き目やしねえ。
乱視はまだ気にすることは無いみたいやけど、若干コンピューターには症状がみられたらしい・・・。
問題はこのメガネができるのが月曜日と金曜日ということで、ミスチルLIVEには全然間に合わないということだ。(爆) 
もうしゃーないね・・・。
今までのコンタクトレンズと壊れたメガネでしのぐしかない。
この後はリュックと秋用に長袖のシャツを買って、ドラッグストアでチョコッと買い物をしてから帰った。
それにしてもドラッグストアでチョコッと買い物してから帰った。
それにしてもドラッグストアってビックリするするぐらい女性がおるよねえ。
みんな美容と健康が気になるんやろうなあ。(笑) 

明日は携帯電話と帰りの格安夜行バスの手配なんぞをする予定。
ただし、コレは今日働いてちゃんと給料がもらえればってことになるかな・・・。
それとミスチルのチケットを用意してくれてるハズの友達から全然連絡がないので、ひょっとしたら何かトラブったんとちゃうかっていう心配が・・・。(汗) 
というわけでギリギリまで予断を許さない状況が続きそうだ・・・。 

携帯電話を含めていろんなアイテムを調べるのに『Get Navi』っていう雑誌を買っていろいろ見ておったんやけど、この中であることを発見した。
デジタルミュージックプレイヤー特集のところで「Rio SU35」が紹介されておって、その液晶画面に表示された曲のタイトルがスピードウェイ『ACT 810』
スピードウェイと言えば、かつて木根尚登をリーダーに宇都宮隆がヴォーカルで、後に小室哲哉が加入したという、TM NETWORKの前身とも言うべきバンド。
やってた音楽は今聴くとダサいロックやけども、この『ACT 810』という曲は小室哲哉作曲のインストでなかなかカッコ良かった。
絶対にTOTO『CHILD'S ANTHEM』を意識してると思うけど。(笑) 
こんなマイナーな曲をRioに入れて人がいるんやねえ〜。
ちなみにこの曲、オレのiPodにもしっかり入っとるけどね。(爆) 

2004.09.10 SPEEDWAY『ACT 810』を聴きながら・・・。

9/11 ミスチル横浜LIVE参加正式決定!! 

寝てる間にメールが来てて、無事にチケットが確保できたとのこと。
と言うわけで明日のMr.ChildrenLIVE最前列で観ることが確定しました!!
これでホッと一安心。
とりあえず帰りの格安夜行バスの乗車券を買わなければいけなかった。
ところが昨日までちゃんと席があったのに今日はもう無くなってた・・・。
慌てて他のバス会社の空席情報をネットで探しまくってなんとか確保。
ネットで申し込んでコンビニでちょちょいと発券してもらえればそれでOKなんでなんと便利なことやろう!
東京〜大阪間4800円
これだけお手軽やと実に利用しやすいと思った。 

問題は携帯電話。
実はまだ給料がもらえていない・・・。
1円で売ってるのもあるんやから無理すれば買えるけども気に入らないものを買っても仕方がない。
それに優柔不断なものでまだ迷っておるんよね。
最新最上位機種が全ての機能を備えてりゃあねえ、こうやって迷うことも無いのに。(苦笑) 
まあこんな前日に買ったところでちゃんと使いこなせる自信もないので、ここで焦って買うことはやめにした。
今までプリケーを少しの間持ってた時があった程度のもんやし・・・。
それに今回は御対面の約束もしてないしね。
なんせ急な展開やったもんで、今回の遠征はゆっくりしてる時間も無さそうやからなあ。
ヘタしたら明日仕事明けそのまま新幹線ってことになりそうな気配。
新横浜駅につくまでの間に寝るってことになりそうやけど・・・オレって新幹線に乗ると外の景色が気になって寝られへんねんなあ。(笑) 
子供かオレは!(爆) 
ひょっとしたら全く眠らずにLIVE参戦ってなことも十分ありうるわけで・・・。
ああ〜、目の下のクマがああああ〜。(笑) 
とにかく家で寝てしまって新幹線に乗り遅れて待ち合わせに遅刻するようなことだけはなんとしても回避せねば! 

2004.09.11 KEIKO from globe『Lights Brought The Future (TK Remix)』を聴きながら・・・

9/12 いざ、横浜へ!! 

さあ、今日は横浜国際総合競技場までお出かけだあ!
Mr.ChildrenLIVE最前列で観てきます♪ 
仕事明け寝ないで新幹線で行くのはキツいからどうしようかなあ?
仮眠してから行こうかなあ。
忙しいビジネスマンの人達はこんな程度のもんやないからなあ、話を聞いてたら。
新幹線に乗ると東京駅で腹を下すっていうオレの中のジンクスがあるんやけど(爆)、今回は新横浜やから大丈夫やろか?(笑) 
とにかくなんとか体力を維持してしっかりと最前列を満喫してこようと思ってますわ。
月曜の夜に夜行バスに乗るんで、帰って来るのは火曜の朝方。
それまでにネットカフェにでも行けば、ココにもちょこっと顔を出すかもね。(笑) 
LIVEレポも含めて遠征ネタでも楽しみにしておいて下さい! 

今日は他のスタッフが来なくてオレが一人で接客をしないといけないハメになった時があったんやけど(苦笑)、けっこう面白い話ができたのでそのことはまた今度の機会にでも書こうと思う。
かなりのエロトーク舌好調やったんで、内容は18禁かもね。(爆) 
ここんところメッチャバタバタしておりますが、レス遅れちゃってる人はゴメンナサイ! 

2004.09.12 Mr.Children『天頂バス』を聴きながら・・・。

9/13 横浜・東京遠征記<横浜篇> 

先ず昨日どういう1日を送ったかってことから書くとしよう。
少しぐらい寝た方がいいかなとは思ったけど、結局もう寝ずに行くことにした。
チャリでJR天王寺駅まで行って新大阪駅に向かう。
新幹線に乗るのはもう何年かぶりのことだったりする。
自由席しか乗ったことないけどなかなか寝れない。(笑) 
結局iPodで延々Mr.Childrenのアルバム『シフクノオト』を繰り返し聴きながら目を瞑ってた程度で眠るってことは無いままちょうど昼に新横浜駅に到着。
友達との待ちあわせ時間は夕方。
しかし家を出る前にメールを確認したところ、オレが中華街に行くんやったら一緒に行こうかなって入ってたから電話すると留守電・・・。
興奮して全然眠れなかったって書いてたから(笑)、今頃寝てるのか? 

とりあえずしばらく駅の周辺をブラブラ歩いてみた。
横浜の地を踏むのは生まれて初めて。
印象としては「白」。
そしてどうも特徴らしい特徴を表しにくい。
なんとなく希薄な感覚。
どちらかと言うとおとなしめの感じを受けるかな。
まあ大阪に住んでりゃたいがいどこへ行ってもそう思うかもしれんけどね。(爆) 
何回か電話してみたけど留守電だったのできっと寝てるんやろうと思い、中華街へと向かう。
本屋で調べたら中華街って新横浜からはちょっと離れてるんやねえ。
すぐ近くにあるもんやと勝手に思い込んでいた。(笑) 
市営地下鉄で横浜駅まで行き、みなとみらい線に乗り換える時に連絡口がメッチャ距離があってしんどかったわ・・・。
日曜日ということで中華街にはたくさんの人が。
豚まんや甘栗、ごま団子、タピオカジュースなどけっこう似たような店がいっぱい。
さすがに神戸の南京街よりか大きかったねえ。(笑) 
これが噂の吉本が出した水族館かあとか、チャイナドレスってやっぱりイイなあなどとグルグル散歩はしてたものの、結局何も食わず飲まず買わず並ばず。(爆) 
このままだとLIVEまでにバテてまうわと思って、1時間ほどで再び新横浜に戻った。
中華街で飯を食えば良かったのかもしれないのに、新横浜のラーメン博物館が気になってたんよね。
けど結局どこかちゃんと場所がわからなかったので、ミスチルLIVE組と思われる人達がたくさん並んでたラーメン屋に入った。
このラーメンが実においしくない!!
豚骨スープのくせにあっさりしすぎてるし、麺も細麺のくせにパサパサ。
具がきくらげってのもねえ・・・。
そして関東地方では当たり前のように乗っかってる海苔・・・。
東京来た時いっつも思ってたけど、いらんっちゅうねん!(苦笑) 
ちゃんとラーメン博物館を探せば良かったと思いながら、ようやく待ち合わせ場所で御対面。
驚いたことに彼女は寝ていたわけではなく、オレが中華街に向かう10分後ぐらいに新横浜に着いていたらしい。
ところがオレが電話したタイミングが全て悪かったらしく、電話をとれなかったそうなんよね。
それで留守電を聞いて中華街にも行ったそうなんやけど、ここではオレが公衆電話をなかなか発見できなかったもんやからまたスレ違ってしまったという・・・。
何が悲しゅうてあんな所を一人一人バラバラでうろつかんといかんかったんやろうか・・・。(笑) 
しかも中華街には乗り換えしなくてもJR1本で石川町っていう駅で降りれば簡単に、しかも安く行けたっていう事実を知った・・・。(バタッ) 
これもみんなオレが携帯電話を持っていないっていう悲劇が生んだマヌケなお話ですな。(苦笑) 

とりあえず雑談しながら横浜国際総合競技場に向かう。
6万人っていうことで、相当たくさんの人達が競技場に向かってたんやけど、ミスチルファンの人達ってごくフツーの感じの人達が多いよね。(笑) 
オレみたいな派手な髪の毛をしてる人はほとんどいなかった。(爆) 
ただ他のLIVEならもっと一人で観に来てる人達を見かけるんやけど、こんなにたくさんいるのにそういう人はほとんど見かけなかったような気がする・・・。
こりゃミスチルLIVEには一人じゃ行けへんよなあ。
夕陽がイイ感じで野外LIVEを演出してくれそうやなあなんて思ってたら、開演の午後6時頃にはみるみるうちに曇天に!
大丈夫か、オイ!?
そう思いつつ入場。
いやあ〜、さすがサッカーやるような所だけあって広い広い!
その中でアリーナの一番前まで進むのにチェックが何回もあった。
それを通り抜けて一番前まで歩いて行く時の優越感がたまらない。(笑) 
しかし、オレらのAブロックっていうのはステージに向かって左手になるんやけど、最前列には違いないものの、機材の関係で他のブロックより若干後ろになっていた。
それに端っこってこともあって、ステージ真ん中までが遠い遠い!
これじゃあホールの中ほどで見てるのと変わらん距離やで。
オペラグラスを持って来て良かったわ。
この日はDVD収録のために何台ものカメラが動いてたので、オレもひょっとしたら映ってるかもなあ?(笑) 
この髪の毛やと見つけやすいぞ〜。(爆) 
まあミスチルのLIVEに関してはレポを書くのでそちらをお楽しみに!
桜井和寿の歌が素晴らしかったとだけは言っておこう。 

LIVEが終わったのは9時過ぎぐらいやったっけなあ?
あれだけの人数が駅に押し寄せて行くんやからゾッとする。(笑) 
駅まで行ったけど、しばらく缶コーヒーでも飲みながら雑談をして時間をつぶした。
この後は彼女の部屋に泊めてもらうため、東京の立川へ。
立川って東京とは思えないような普通の住宅街やったなあ。(笑) 
会社からあてがわれたというその部屋は狭いものの天井が高くてロフトもあったから息苦しくはなかったね。
ただ隣の部屋との壁が薄すぎて気になる。
東京に住もうとしたらどうしてもこんな感じを覚悟せんといかんのかなあ?
なお、女友達の部屋に泊めてもらうようなことは別に珍しくないし、何も変なことは起こらないので悪しからず。(爆) 
続きの東京篇は明日ね。 

2004.09.13 Mr.Children『Any』を聴きながら・・・。

9/14 横浜・東京遠征記<東京篇> 

横浜篇を読んでない方は先ずそちらからどうぞ。 

寝てなかったし、疲れてたせいもあって人の部屋やと言うのによう眠れたわ。(笑) 
ここ最近で一番気持ち良く眠れたってのは、いかに日頃使ってるソファーベッドが悪いかってことでもあるんやろうな。(苦笑) 
友達の出勤に合わせてオレも出ることにしたので、けっこう早い時間から東京をうろつくことになった。
六本木ヒルズに行こうかなとか言ってたんやけど、結局JR1本で行けちゃう新宿をブラつくことに。
こうやって東京の空気を感じることになったのは7年ぶりぐらいかな?
その頃と新宿の雰囲気がどう変わったかっていうようなことは特に感じなかった。
なんせ東京に来ても野宿しなくてすむような所をある程度チェックしておく必要があった。
とりあえずマンガ喫茶とカラオケBOXとサウナでもチェックしておけばたいていはなんとかなるだろう。
いろいろうろついていると歌舞伎町「天下一品」を発見!
これは入ってみて関西とどう味が違うのかチェックしてみる必要があった。(笑) 
関西ではこってりの並は600円。
なのにココでは670円もしていた。
見たところ量が多いわけでもなかったから物価の違いか?
口にしてみて落胆。
う、薄い・・・。
どこがこってりやねん!
関西でも店舗によって若干味が違うものの、ココは明らかに薄かった。
関東の他の店舗でも薄くなっとるんかねえ?
これじゃあ天一の本来の持ち味を発揮できてへんがなって残念やったなあ。

その後はマンガ喫茶へ。
オレは今までに一度もマンガ喫茶、あるいはネットカフェなるものを利用したことが無かったので、少々戸惑ってしまった。
PCもWindowsってことで扱いにくかったしね。
キーボードの配列も違うもんやから打ちづら〜てかなわんかった。
それでもちょっと練習がてらいろんな所にカキコさせてもらったわ。(笑) 
それにしても光だとこうも早くアクセスできるもんなんやね!
あんなにサクサク動くのを体感してしまったらISDNでネットをやってることに耐えられなくなるで。(笑) 

1時間半ほどで出て、次は渋谷へと向かった。
朝までコースのことを想定したら渋谷も見ておく必要があった。
でもその前にHMVタワレコを見ておきたかってんなあ。
HMVではけっこう長い間試聴しておったと思う。
さすが渋谷のHMV、イイねえ大きくて。
前に言ってたCHERRY RED(チェリー・レッド)のCDもココで買った。
その次はTSUTAYAに行ったなあ。
大きいんやろうとは思ってたけど、西日本最大の戎橋店と比べて驚くほどのもんでは無かったなあ。
ちなみに新宿のTSUTAYAも覗いてきたけど、かなり小っこくてビックリした。(笑) 
タワレコは大きかったなあ。
そのわりにはオレが欲しいようなCDはあんまり見つからなかったけど。
それでも『THE SOUND OF MILANO FASHION2』っていう輸入盤が見つかったので、大阪では見かけなかったからこの機会に買っておいた。
それにしても東京ってものごっつ街頭でポケットティッシュを配りまくっておるよねえ!
あんなん全部受け取ってたらアっと言う間にリュックの中がティッシュでいっぱいになってまうわ。(爆) 
いろいろブラブラしながらマクドで腹ごしらえ。
マクドで気付いたけど、ちゃんとゴミを分別してるんやねえ〜。
大阪ってこういうのはええ加減やから何年も遅れとるよなあって思った。

こうやってこの日かなり歩き回って忘れかけていた東京の雰囲気を感じた。
やっぱり大阪とは違う。
なんか飄々とした感じ。
あまり他人と関係性を持ちたくなさそうな冷めたような疲れたような乏しい表情の人達が多いような気がする。
大阪の場合は良くも悪くももっと感情の起伏を感じる。
たいていはピリピリセカセカって感じのマイナスの部分をより多く感じるけども・・・。
東京のサッパリしたクールさは孤独感をより感じるものの自分にとってはそこまで悪い感じはしない。
大阪ってのはマナーの悪さやモラルの低さはブッチギリで日本一やと思う反面、やたら人間臭い部分を感じる。
そこらじゅうにおもろさと鼻息の荒さが転がってるような気がする。
そういう部分ではやっぱり良くも悪くも大阪の方が熱い。
ただ東京は大阪ほど歩きタバコやチャリタバコをやるアホどもはまだ少ないし、交通マナーも全然マシやからストレスが少なくてええわ。(苦笑) 
そういえば環状線に乗ってるとモニターによる車内CMを流してたのが印象的だった。
これぐらいやれば宣伝効果も高いやろうね。
そんなことを思いながら東京駅に向かった。
夜行バスに乗るために。
のりばがわからなくて焦って交番に聞いたわ。(笑) 
八重洲通りののりばで待ってると出発の9:25になってもいっこうにバスが来ない・・・。
結局遅れに遅れてやって来たバスが出発したのは10時5分ぐらいやった・・・。
最近ではレディース専用バスなんてあるから、てっきりオッサンと男子学生ばっかりやろうなあなんて思ってたら意外と女性もたくさん乗っていた。
オレは幸い窓際に座れたからまだ良かったなあ。
でもしんどかったねえ〜!
やっぱりアレじゃあゆっくり眠れへんわ。
iPodのバッテリーが切れるまでは音楽で気が紛れてたから良かったけど、この日一日中聴いてたもんやから電力がもつわけもなく、11時半ぐらいでプッツリと切れてしまった・・・。
それからが苦痛やったなあ。
やっぱり新しいiPodに買い直したいところやねえ。
まあ中途半端な寝方をしながら朝の7時半までには大阪あべのまで到着することができた。
4800円っていう格安ならこれぐらいのしんどさは十分許せる。
また近いうちに東京に行くことになるやろうし、その時も覚悟しておくか。(笑) 

今度の遠征では関東組の人達と会っていろいろ話をする機会が持てるようにしたいなあってほんまに思ったなあ。
東京や横浜の空気を肌で感じてそれは強烈に思ったことだった。
それにまだ見ぬ東京や横浜っていうのも感じてみたいしね。
その時は関東方面の方々、お世話になります!(笑) 

2004.09.14 CHERRY RED『The WooHoo Song』を聴きながら・・・。

9/15 18禁ネタ!最近の若いモンは・・・ 

先日オープンの時間になっても他のスタッフが誰も来なかったのでしばらくオレ一人でなんとかしなければいけないハメになった。(苦笑) 
そしたら男性と女性2人組のお客さんがやって来てしまった。
どうやらかなり久しぶりに来た様子。
他に誰もいないのでオレが席について接客することになった。
男性は矢追純一似のやや髪の毛の薄いKさん(50才)。
昔の常連さんらしいけど、10年以上ぶりに来たそうな。
Kさんが連れてきた女性は21才で大人っぽくちょっとモデルっぽいなかなかの美人さん。
看護士を目指して勉強中というMちゃんは以前マレーシアの医療事情を目の当たりにしてショックを受けたらしく、将来は発展途上国の医療に携わりたいっていう夢を持っているって言うんやから若いのにたいしたもの。
こんな親子ほどある二人の関係はどうなんやろう?と思いながら会話をしてると、どうもKさんがMちゃんにゾッコンで入れ込んでしまってるようなんよね。
Mちゃんの方は本気でも無い様子。
なんでも7月に彼氏と別れたばかりだそうで。
席に着くとこのMちゃんにいきなり歳を聞かれた。
Mちゃん「え〜、いくつですかあ?25?」
オレ「いえいえ、全然もっと上です(笑)」で、オレの本当の歳を言うと 
Mちゃん「え〜〜っ!?全然見えへ〜ん!若〜い!」って言いながら近くでマジマジと見られた。(爆) 
Mちゃん「モテますよねえ?」
オレ「いえいえ、全然モテません(笑)」
Mちゃん「彼女はいるんですか?」
オレ「いないですよ」
Mちゃん「ウッソ〜!?何でですか?」
オレ「何でって言われても・・・出会いが無いですからねえ(苦笑)」などという会話に。
こういうことを言われるってことはまんざらでもないと考えていいんやろうか?(笑) 
実に気分がイイ。(爆) 
しかし、こういうやりとりを横で聞いてるKさんも気分がいいもんでは無いやろうからねえ。
「ほら!若い男がいるとこうや!」みたいな感じで苦笑いしてはった。(汗) 
このKさんがかなり面白い人やったんで会話に困ることがなくて助かったねえ。
けっこう楽しい酒と話で盛り上がれたと思う。

そのうち女性スタッフも二人加わったんやけど、後半は思わぬ方向に会話が。
何でそうなったのか思い出せへんのやけどおもいっきり下ネタに転がった。
Mちゃん「何回できます?」
オレ「え?何回ってその日のうちにってこと?」
Mちゃん「1回出したらまたできます?」
オレ「いや・・・まあ時間が経てばできないことはないかなあ」
Mちゃん「フーン、1回出したら疲れて寝ちゃってた」なんて会話に始まり、Mちゃんの前の彼氏がマニアックなことをするって言うて、例えば風呂場でおしっこをするところを彼氏が下で口を開けて飲んだりとか、バドガールだナース服だチャイナだセーラー服だコスプレさせたりとかね。
どうもAVじみてるんで、「もしかして顔射とかしてるんちゃうん?」って聞いたら、ゴムはしてるものの出す時には外して顔やお腹や胸に発射するんだそうな・・・。
Mちゃん「それが普通って言うから、ずっと普通やと思ってた」
オレ「それ全然普通とちゃうから!!(苦笑)」
Mちゃん「普通のHってどんなんですか?」
オレ「なんか自分が気持ち良くなりたいとかいう以前に愛おしい感情を注ぎ込むっていうか、先ずそういうのが無いとねえ〜。歓びみたいなんって無いの?」
Mちゃん「よろこびぃ〜?」
オレ「よろこびぃ〜?ってそんなゴリエじゃあるまいし!(爆)」
今まで付き合った男はみんな激しいのに早漏だったらしく、まだイクということがどういうのかはわからないらしい。
そりゃ早漏相手じゃなかなか開発はされへんやろう。(爆) 
ちなみにおもちゃは使ったことないらしい。
そのかわりラブホで「LOVEマシーン」なる遊具の話を聞かされたんやけど、すっかり御無沙汰なんで最近のラブホ事情はサッパリわからんかったからちょっと驚いた。
どんなマシーンなのかは想像にお任せします。(笑) 
Mちゃん「エロいですねえ〜?」
オレ「エロいです!だからこの際どんどんツッコミまくりますよ!(笑)」なんて言ってたけど、やってること自体は彼女の方がはるかにエロい。(爆) 
横で聞いてたKさんも若干引き気味やったんちゃうかなあ?
たぶんMちゃんがここまでマニアックなHをしてきたなんて思ってなかったやろうから。(爆) 
こんな子が看護士さんになったらと思うことやたらとエロい色香を醸し出すんちゃうやろか?(爆爆) 

それにしてもKさんが面白かった。
カクテルを作って「ちょっと薄かったですか?」って言うと
「誰が薄いねん!」
Hが激しいっていう話では
「誰がハゲしいねん!」
ってすかさず自虐ネタに持って行ってはった。(爆) 
こうゆうイイお客さん達なら接客してても楽しいもんである。(笑) 

2004.09.15 Photek feat Robert Owens『Things That Make U Feel Good』を聴きながら・・・。

9/16 『24〜TWENTY FOUR〜』『人間の証明』『東京湾景』最終回 

『24〜TWENTY FOUR〜』第1シーズン最終回を見た。
何だアレは?
おもいっきり第2シーズンにつながっとるがな。
フジテレビの笠井アナなんかは「コレを見ないと人生の損失です!」とまで豪語しとったけども、何をそこまでハマれるのかわからない。
だってほんまに無茶苦茶なストーリー展開しとるで。
この24時間だけで一生分の波乱やがな。(笑) 
しかもこの24時間の間にどう考えても無理な大移動をやってのけとるしねえ。
もうハラハラさせて先を読ませないがためにアレやコレやと無茶を繰り返してるとしか思えなかった。(笑) 
あまりにも都合良すぎちゃうか? 
とは言え第2シーズンが始まったらまたチェックするけどね。(爆) 

木10の『人間の証明』も先週で最終回。最初のうちはこんな調子で面白くなるんかなあ?なんて思ってたけども、だんだん見応えがあるようになってきた。
特に國村隼風間杜夫の夫と愛人の奇妙な連携も面白かったしね。
ただ最終回を見るかぎり夏川結衣の役の意味がイマイチよくわからんかったけどね。 

月9の『東京湾景』はつまらんかったなあ。
なんかあまりにも「韓流」を意識しすぎてて鼻につきまくった。
冬ソナとか見てなかったらひょっとしたらもうちょっと楽しめたかもしれんけどね。
血がつながってるかもしれないとか記憶喪失になるとかそんなベタな展開だけはもうやめてほしかった。
最後には呆れてもうたわ。 

『世界の中心で、愛をさけぶ』はまだ特別編が残ってるので感想はまた今度。
後は『ウォーターボーイズ2』が来週最終回。
個人的には今シーズン一番面白かった。
そして土曜日には『僕と彼女と彼女の生きる道』のスペシャルがある!
まあこの展開は予想しておったものの、思ってたより早かったね。
『Dr.コトー診療所』のスペシャルは台風で撮影もブッとんだらしい・・・。 

最近、夕方にやってる『こんな恋のはなし』の再放送がけっこう気になってたりして。(笑) 

2004.09.16 FLOWER TRAVELLIN' BAND『THAT'S ALL』を聴きながら・・・。

9/17 メガネ、メガネ・・・ 

メガネができたので取りに行ってきた。
縁無しは初めてなんで取り扱いは慎重にしないとね。
けっこう簡単に壊れちゃうそうやから。
落としたらすぐに逝っちゃいそうやな。
カラーレンズの方はオレのキャラからするとちょっとイカついかなあ?(笑) 
どうも今回のレンズは視力を軽くしすぎて前よりも見えにくくなってしまった・・・。
合わせすぎるのはよくないけども、もう少し合わせておくべきやったなあ。
それはそうと今回の髪の毛は黒の時よりかは少し評判が良くない。(爆) 
オレ的には気分転換になっててええんやけどね。
これがプリンになってきたらどうするかやな。 

メガネを取りに行ったついでにHILARY DUFF(ヒラリー・ダフ)2ndアルバム『HILARY DUFF』(悪しきCCCD・・・)を買ってきた。
試聴はしなかったけど、今聴いてるかぎりではなかなかイイ感じ。
1stよりロック色は濃くなってるね。
10月にはZepp大阪でLIVEがあるけども、アヴリルほど見に行きたいとは思わないなあ。
やっぱりアイドルのイメージがまだまだ強いからねえ。
実物は目の保養になるぐらいカワイイんやろうか?(笑) 
いずれにせよ10代の女性ファンだらけやろうし、気が進まない。

気が進まないと言えば、e+でNew York Dolls(ニューヨーク・ドールズ)なんばHatchライヴ無料招待ってのがあった。
以前ベースのIさんからNew York Dollsがカッコ良かったでっていう話を聞いてたんで少し興味はあるんやけど、どうもパンク嫌いのオレはCDのチェックにも手が伸びなかった。
でもタダやし応募してみるだけしてみようかなあ? 

それよりもglobeLIVEは一体どうなっておるのだ!?
コレが出てくれないとマジであらゆる予定を入れにくくて困るのだ・・・。 

2004.09.17 HILARY DUFF『UNDERNEATH THIS SMILE』を聴きながら・・・。

9/18 「命」懸けでダンス! 

今日は常連さんのMちゃんがBoAバックダンサーをやってるっていう22才の女の子を連れて来てた。
なんでも5才の頃からダンスをやっていて3000人中の5人に選ばれたらしい。
彼女の背が小っこくてねえ〜、140cm台やったんよね。
かなり照れながら煽られて踊ってたけど、BoAのダンスってこんなにキュートやったっけ?って思うぐらい可愛らしいダンスやった!
彼女の場合小っこいからなんか子供が踊ってるみたいで余計に可愛らしいんよね。
ダンスはうまいけど歌はそんなにうまくなかったな。(笑) 
たまたま他の席にいた常連のヤ○ザさんもそれを見ててゴキゲンになって一緒に楽しそうに踊ってたわ。(爆) 
店の雰囲気がまたいつもとちょっと違う楽しい感じになってて良かったなあ。
ダンスがうまいってイイよねえ!
それこそ言葉の壁を越えて世界中の人とコミュニケーションできるもんなあ。 

それからお客さんが引いてからうちのスタッフに
「JIN君ここにいたお客さん、TIMの片割れやってんでえ!ゴルゴ、ゴルゴ!知ってたあ?」って言われたんやけど全然わからんかった。
なんかIちゃんがそのお客さんのところで
「命!」
とかやってるから
「アホちゃうかあ?(笑)」ってな感じで見てはおったんやけど、気がつかなかったオレの方がアホやな。(爆) 
あの手の濃い目の顔の人って大阪にはたくさんおるし、やっぱりあの変な髪形をしてへんかったらわからんわ。(爆爆) 

2004.09.18 m-flo・BoA『The Love Bug』を聴きながら・・・。

9/19 『僕と彼女と彼女の生きる道スペシャル』『9・11』『世界の中心で、愛をさけぶ』最終回 

『プレミアムステージ』『僕と彼女と彼女の生きる道』のスペシャルをやっていた。
このドラマは今までに見てきたドラマの中でも特に好きなドラマの一つ。
それだけに期待してたんやけど、今回のスペシャルは総集編の域を出てなかったな・・・。
まだスペシャルで続きを作りそうな感じやったから期待してたのに。
まあまたそのうちやるでしょう。
総集編でもまた感動したから良かったわ。
「自分が選んだ道でどう生きるか?ってことが大事」って言ってたけど、ほんまにそう思うね。
オレも人生もっともっと考えんといかんな。(苦笑) 

それから先週の『プレミアムステージ』でやってた『9・11』もチェックした。
出演は和久井映見稲垣吾郎石黒賢鈴木杏樹勝村政信山口紗弥加中根徹宇津井健白川由美といった面々。
9.11にアメリカ同時多発テロで夫を亡くした杉山晴美さんの手記『天に昇った命、地に舞い降りた命』をドラマ化。
ノンフィクションなだけに淡々としてはいたけど、やはりいろいろ考えさせられるものがあった。
いつものように普通に出勤して、こんなことが起きるなんて夢にも思ってなかったやろうからなあ。
和久井映見演じる晴美がテレビを見ながら「何コレ!?いやああああああああああああ・・・!!」って叫ぶシーンはほんまにショッキングやった。
あの日オレは店にいながら情報だけが入ってくるって感じでドエラいことになったとは思いながらも映像を見てなかったからほんまに信じられないって感じやった。
いや映像を見ても信じられないって思ったやろうね。
世界に貧富の差があるかぎり、万人が満足の行く教育を受けられる環境ができないかぎり、人々が宗教にすがろうとするかぎりは、おそらくテロは無くならない。
マイケル・ムーア監督の『華氏911』が各方面で話題を呼んでるけども、基本的にはオレもブッシュにイイ感情は持てない。
そして多くのアメリカ国民もあんな大惨事を受けたにもかかわらず何かを教訓としてるとは思えないことがあまりにもありすぎて悲しくなってくる。
物事の本質をちゃんと見ようとしてるのだろうか?
何よりも一番大事なことは命の尊さである。
どこの国だとかそんなことは関係ない。
アメリカを中心に世界が回っていると勘違いしてるとしか思えない。
まあこのドラマはそういった政治的なことには全くふれていない。
ただただこのテロによって夫を亡くしてしまったことと、そんな最中に新しい命をさずかったことを淡々と綴っている。
天災じゃなくて人災やからねえ。
大量殺人事件やからねえ。
人の命を粗末にしてしまうような考え方は絶対に許してはいけないと改めて思った。 

『世界の中心で、愛をさけぶ』は原作のストーリーをふくらませすぎたかなって感じ。
最初の方はけっこう清々しくて良かったんやけど、後半はどうも湿っぽくなりすぎた。
だいたいなんぼ男ってのが引きずりやすいとは言ってもあそこまで引きずってる男っていかがなものか?(苦笑)
オレもかな〜り引きずるからわからんでもないけどやねえ。(爆) 
連続ドラマであんな辛気臭い感じでやられてもなあ。
しかし綾瀬はるかはこの役でなかなか輝いてて良かったなあって思ったわ。
正直言って連続ドラマじゃなくて映画やスペシャルドラマぐらいの長さでまとめるのがちょうど良かったんとちゃうかなあ。
あんまり原作の良さが出てたようにも感じなかったし。
原作の朔太郎ってもっと明るくて前向きなイメージやったからなあ。
映画の方も早くチェックしてみたいところ。
それにしても柴咲コウが歌う主題歌『かたち あるもの』は実にイイ曲やね!
今年のJIN的名曲BEST10に入ってきそうな感じでっせ。(笑) 

2004.09.19 『僕と彼女と彼女の生きる道』の主題歌である&G『Wonderful Life』を聴きながら・・・。

9/20 『TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR "NETWORK"』DVD 

詳しい感想はまた今度と言っておきながら全然書いてなかったので、今さらながらに書こうかと思う。
なんせ2枚組で244+15min.っていう長さやからじっくり見るのも大変だったりする。
それでも買ってからけっこうBGM代わりにヘビーローテーションしとったんよね。
シンセの音がほんまに気持ち良くって。 

先ずDisc.1の「TM NETWORK DOUBLE-DECADE "NETWORK" in YOKOHAMA ARENA』の方から。
今年のデビュー20周年にあたる4/21に行われたこのLIVEはもしツアーっていう形が発表されてなかったらオレも観に行ってた可能性が高かったわけで。
噂ではイマイチパッとしなかったようなことを聞いてたんやけど、ツアー最初のサウンドはこうだったのかっていうのがわかって思ってたよりかは面白かった。
オレが観に行った6/3大阪国際会議場メインホールのLIVEの時には若干選曲が違うものの大きくは違っていない。
まだLIVEレポを読んでない人はこちら。↓
http://jinn.fc2web.com/tkscissours/tkscissours010.html 
この時と比べてアレンジ的に大きな違いを感じたのは『GET WILD』かな。
毎回大胆にアレンジされて進化してきたこの曲がこの日はキックが強力になってた意外はかなり初期のまんま。
これだとオレたぶん観に行ってたらがっかりしたやろうなあ。
『MUSIC FAIR 21』で観たのとほとんど一緒やもん。
この日しか聴けなかった曲は結局『WE ARE STARTING OVER』『TELEPHONE LINE』『1974』の3曲やね。
この3曲だったらまあ行かなくてあんまり残念だとも思わないので良かった。(笑) 
この日のお客さんが一番ド肝を抜かれたであろう曲は『JUST ONE VICTORY (OFFENSIVE VERSION)』やね。
最近KEIKOもサッカーのイベントなんかでもカバーして歌ってたみたいやけど、小室哲哉はどうもこの曲を今クローズアップしたいみたいやね。
歌詞の1部を変えたり、ヴォーカルラインまで少し変えたりする入れ込みよう。
そして完全なトランス仕様にしてしまった。
全体的にトランシーなアレンジになっていた今回のツアーはTMの3人にサポートギタリストの葛城哲哉が加わっただけのシンプルな編成でシンセサイザー・ミュージックっていうものを全面的に押しだしていたように思う。
生で聴くとほんまに気持ち良かったもんねえ〜♪ 
でもDVDで会場の様子を見るとイマイチノリがおとなしいように思う。
みんなもうトランスで踊るには歳をとりすぎたか。(爆) 

そして何と言っても美味しすぎるDisc.2の「TM NETWORK DOUBLE-DECADE TOUR FINAL "NETWORK" in NIPPON BUDOKAN」
これが25日の方を完全収録してくれておれば良かったんやけどねえ・・・。
このFINALでは3部構成になっている。
第1部初期TM NETWORK時代で、スペシャルゲストにFENCE OF DEFENCE(西村麻聡、北島健二、山田ワタル)
いきなり『GET WILD』で始まるところがかつての初武道館FANKS CRY-MAXを彷彿させる。
しかしアレンジは『GET WILD (D.D. EXTENDED VERSION)』っていうことでツアーで披露してくれたトランシーなヴァージョン。
ただし、今回はサポートにF.O.D.の3人が入ってるからあの時よりかなりバンドサウンドになっておるね。
他に『COME ON LET'S DANCE』『CONFESSION 〜告白〜』っていう武道館だけの曲もやってたね。

第2部TMN時代ってことでF.O.D.に代わって、葛城哲哉阿部薫浅倉大介が登場。
いきなり『WE LOVE THE EARTH』っていうのはイイ意味で意表をついてるんとちゃうやろうか。
しかもその次はオレの大好きな曲『69/99』
ええなあ〜、この選曲!
『THE POINT OF LOVERS' NIGHT』も武道館だけやったね。
『TIME TO COUNT DOWN』は単なるLABO MIXじゃなくてD.D. TOUR FINAL VERSIONってことで、会場も大盛り上がり!
小室哲哉もハリキってTMでは初めてのギターを披露。
ただしほんまには弾いてないと思うけど。(苦笑) 
それよりツマミばっかり回しとらんと、もっとキーボードを弾かんかい!
この日浅倉の大ちゃんの方がよっぽど頑張ってキーボード弾いてたがな。(苦笑) 
それから小室哲哉のMCが寒すぎる!
支離滅裂で何が言いたいのかサッパリわからん・・・。
大阪じゃあちゃんと喋れてたのにねえ。
よくまあこのままカットしないで収録したもんだ。
それにしてもKEIKOと結婚してイイもんを食うようになったせいか哲ちゃん太ったねえ。(爆) 
そのイケてないMCの後でやったのが新曲の『GREEN DAYS』
雰囲気としては『10 YEARS AFTER』なんかに近い。
今のところ発売予定も無いようなのでこのDVDでしか聴けない。
わりと地味やけどまあまあイイ曲なんちゃうかな。
歌詞もイイ感じやしね。 

そして第3部新生TM NETWORKってことで、現在のトランシー路線。
サポートは葛城哲哉だけ。
まあココが今回のツアーのサウンドの肝の部分ではあったわけやけどね。 

そしてアンコールではなんと6/25の方が収録されてスペシャルゲストだったB'zの松本孝弘も参加した『SEVEN DAYS WAR』が!!
ああステージ上に新旧TMファミリーが一同に会し、壮観であり感動!!
願わくばこの曲の前にやった『BEYOND THE TIME』『HUMAN SYSTEM』も収録してほしかったところやけどね。
まああきらめかけていた松本孝弘の映像がこうやって観れただけでもちょっとした進歩か。
この日の武道館のウェーブを見るとほんまに10年前の東京ドームを思い出すなあ。
この6/25の武道館公演を観に行かなかったことが今年一番の後悔ですわ。
あの場にいられたならどれだけ幸せやったことやろうか・・・。 

このDVDに収録されなかったツアー曲『COME ON EVERYBODY』『FOOL ON THE PLANET』なんかももう一度サウンドを確かめてみたかったんやけどなあ。
それからニュー・アルバムの『NETWORK Easy Listening』の中で宙ぶらりんになっていた『COME CLOSER』がDisc.1のボーナス・コンテンツ「EXTRA FEATURE (COUNTDOWN TO 4.21)』で、『nuworld』がDisc.2の「EXTRA FEATURE (COUNTDOWN TO 6.24)」で使われたのが救いやった。 

今後TMの活動はしばらく見れないやろうけど、ウツも木根さんもソロツアーが待っているし、哲ちゃんはいよいよglobeを動かすようやし、目が離せない。
TMに関してはもうすぐメモリアルBOOKが届くハズなんやけどね。
それから『Welcome to the FANKS!』なる完全ファン投票による2枚組ベスト盤を出すらしいけど、R&C時代のは入れられないみたいやし、この前BOXセット出したばっかりやって言うのにこんなの出す意味がサッパリわからない。(苦笑) 
普通に寄せ集めただけのベスト盤ならオレは買わないし、オレみたいな人は多いと思う。
ただ同時にTMのオフィシャルビデオクリップを全て集めたDVDが出るらしいので、こちらは絶対買おうと思う! 

2004.09.20 TMN『69/99(LIVE VERSION)』を聴きながら・・・。

9/21 変わらなきゃ! 

もっと自分を変えたい、変わりたいと思うものの実際なかなかそう簡単には変われないもんだ。
来月、また一つ歳をとってしまうわけだが、一体オレはどこを歩いてるんやろうか?って思ってしまう。
どうにか軌道を変えたい。
少しずつでもオレが納得できる道に向かわねば死ぬに死ねない。
結局臆病で中途半端になってもうてるねんなあ、何事も。
何でもイイから今までとは違った環境をいろいろ生み出してみたいかな。
そうすればオレの日常にも少なからず変化が出てくるハズだ。
いくつになってもチャレンジすることを忘れちゃいかんよね。
今こうして生かされてることにも何らかの意味があるんやろうし、後々それがわかる時も来ることだろう。 

昨日やってた『世にも奇妙な物語・秋の特別編』『過去からの日記』っていう話があった。
オレはこの話を見てて胸がつまる思いだった。
自分には才能が無いと判断を下す瞬間、伝えたいことが見つからない苦悩、歳をとることの焦り・・・。
それでも最後は本気で誰かのためになりたいって思えるかどうかなんやって思うよね。
イイ話やった。
オレもこの世に生まれてきて、このために生まれてきたんやなって思えることがまだまだ残っていると信じている。
天命ってもんがあるんやってね。 

このサイトを起ち上げたことで誰かに何らかの影響を与えた部分もあるやろうし、逆にオレも誰かから刺激をもらったりもしてるやろうから、これからも有意義な場になればなあって思うわ。 

2004.09.21 ERIC CLAPTON『CHANGE THE WORLD』を聴きながら・・・。

9/22 久々にプロレスラー御来店!! 

常連のKさんはいつもならホステスのお姉ちゃん達と来るんやけど、今日は珍しく大男の人を何人か連れて来はった。
顔がチラッと見えて「あっ!?真壁やん!」って気がついた。
真壁とは真壁刀義っていう新日本プロレス所属のプロレスラー。
後でKさんがオレとベースのKさんがプロレスファンやっていうのを聞いて席に呼んでくれはった。(笑) 
Kさんはいつもよく一緒に来てる某巨乳系事務所所属のYちゃんと、真壁選手、田口隆祐選手、もう一人今まで名前を知らなかったんやけど裕次郎っていう若手レスラー、そしてたぶん新日本プロレスの営業の人と6人で来てはってんけどね。
何でもココに来る前の店では全員裸になって乳首を舐められたらしい。(笑) 

オレは最近ヤングライオン杯優勝した田口隆祐選手の横に座った。
彼がけっこうおとなしいんよね。
「プロレスファン相手だとかえって気を使うからイヤじゃないですか?」って聞いたら「そんなことないですよ」とは言ってはったけどね。(笑) 
そんなもんやからオレがもう一方的にインタビュアーみたいになっていろんなことを聞きまくるような形になってしもた。(爆) 
田口選手に関してはまだまだこれからの選手なんで実はオレもあんまり知識が無いんよね。
顔はレスラーにしては小さめで天山広吉の半分ぐらいちゃうか?(爆) 
なかなか男前で阿部寛似ですわ。
25歳でデビューしてまだ2年ぐらい。
でもおそらくこれからのJr.ヘビーを背負って立つ存在にまでなるんとちゃうやろか?
身長180cmぐらいあるから、後々にはヘビーに転向とかする気はないのか聞いてみると、どうもその気は無いみたい。
Jr.のプロレスにやる気と魅力を感じてるみたいやね。
そのヘビーとJr.との違いで「やってみたらわかると思うんですけど・・・」って前置きして語ってくれたんやけどやってみれないから!(爆) 
動きとかリズムとかやっぱり全然違うみたいやね。
誰を見てプロレスラーになろうと思ったのかを聞いたところ、金本浩二選手らしい。
この辺が若いかなって気がしたねえ。
猪木や初代タイガーマスクを見てって言うんじゃないんやから。
まあ考えてみれば金本が藤波辰爾に憧れて入ったって言ってたぐらいなんやからそうなってきても当然か。
それから誰々がうまいだとかすごいだとかみたいな話をしてたんやけど、田口選手はいたって淡々としてると言うかマイペースと言うか。(笑) 
そんな中でIWGPJr.ヘビー級タッグ王者邪道外道の話になってオレが
「あの人達もうまいですよねえ〜!技を出すタイミングとか」ってなことを言うと、やや納得しかねる様子で
「でも、卑怯・・・」ってボソッと一言。(爆) 
「そりゃ名前が邪道と外道なんやから卑怯でしょ!!」って思わずツッコんだ。(爆爆) 

「ヤングライオン杯で優勝できたなら(IWGPJr.ヘビーのシングルのベルトに)挑戦できるんちゃいます?」って聞いてみたら「まだまだ」って感じで謙虚やったなあ。
ほんまに真面目な感じで仙台出身っていう雰囲気やったわ。
でもこんなにおとなしくてリング上でうまくアピールできるんかなあと思ってその辺のことも聞いてみた。(笑)
本人は「いやそれはリングに上がればうまいこと・・・」みたいに言ってたけどね。(笑) 
今日来てた3人はみんなコーラを飲んでたなあ。
入団する前は飲まされるイメージがあったけど入ってみたら意外とみんなそんなに酒を飲まないようなことを言ってたわ。
何年も前に来た高田延彦選手とは大違いだ。(爆) 
田口選手が歌ったのはなぜか『亜麻色の髪の乙女』福山雅治『Peach!!』だった。(笑) 
うまくはなかったけどけっこう気持ち良く歌ってたみたい。
真壁選手は途中で何か呼び出しでもかかったのか一足先に抜けて帰って行った。
で、何やらコソコソしてたのが若手の裕次郎選手。
オレのいる厨房の中にまで入ってきてタバコを吸いたいっていう相談を・・・。(苦笑) 
説教でもしてやろうかと思ったけどお客さんやからそういうわけにもいかない。(爆) 
別に吸ってはいけないっていうことではないらしいんよね。
ただ先輩の前で吸うのはよろしくないやろうってことでコソコソしてたみたい。(笑) 
でもスポーツ選手がタバコなんて吸ってたら選手寿命減らすだけやし良うないわね・・・。 

まあ他にもいろいろ話したけど実に嬉しくも貴重な宴になったなあ。
もっともっと話したいことはいっぱいあったんやけどね。
他団体の選手に対してどう思ってるかとか。
でもまあ今日はこれぐらいにしといたろうって感じで。(笑・ウソです) 
田口選手ありがとうございました!
これからスター街道を走るべく頑張って下さい!
真壁選手ともちゃんと話したかったです!
裕次郎選手は禁煙するように!!(爆) 

2004.09.22 神津善行『テレビ朝日スポーツ・テーマ 朝日に栄光あれ』を聴きながら・・・。

9/23 『ウォーターボーイズ2』最終回、『エースをねらえ!〜奇跡への挑戦』 

『ウォーターボーイズ2』最終回だった。
個人的には今シーズン一番面白かったドラマだ。
ところどころちゃっちぃストーリーではあったけども、それでも単純に青春時代の真っ直ぐさってのを感じることができて良かってんなあ。
こういうドラマだとクサさを感じて冷めた目で見ちゃう人も多いかもしれない。
でもオレは誰が何と言おうとこういう若さでがむしゃらに突っ走るような姿を見るのは大好きだ!
大人になっちゃうと何かと利害関係やしがらみに縛られちゃうことが多い。
でも学生時代ってのはもっと純粋な気持ちで自分や仲間のために突っ走れる貴重な機会だったりする。
この最終回の前に『ウォーターボーイズ』の大会をやってたけども、みんなで一丸となって何かをやり遂げようとするあのひたむきさってのは絶対に経験しておくべきものやし、後の人生にも大きく左右することやと思うから。
オレなんかだと高校時代の学園祭がそれにあたるかな。
劇をやったわけやけど、やっぱり本番までにいろんな紆余曲折があるんよね。
そうゆうものを乗り越えて一つのことをやり遂げたっていうあの達成感は、たとえ結果がともなわなくてもかけがえのない経験やったなあって思う。
ちなみにこの時は準優勝やったからそれなりに結果は出せたんやけどね。
そんながむしゃらな一生懸命さで数々の失敗を繰り返しながらも少しずつ周囲の見る目を変えて行き、自分たちが望んだ環境を作り上げてしまったこのドラマの痛快さが気持ち良かった。
若いってイイなあって思った。(笑) 
現実はそう甘くはないやろうけど、ドラマなんやからええやん。(爆) 
最後の五段矢倉のシーンはマジやったね。
だから出演者の最後の涙も演技じゃなくてマジやったと思う。
清々しかったなあ。
体育大会の組み体操で三段まではやったことあるけど、アレの五段をしかも水中でってことになるとメチャメチャハードやったと思うでえ!
オレも涙が出そうになってもうたわ。(爆) 
しかし、このドラマみたいに同じクラスに石原さとみ浅見れいな鈴木えみみたいな可愛い子がおったらすっごいラッキーやわね。(笑) 
誰を好きになったらいいか目移りしちゃうかも。(爆) 
最近マシェリCMの女の子がメッチャ可愛いなあと思ってて、誰やろうと思ってたらこのドラマで役をやってた鈴木えみやった。
しかも知る人ぞ知るジュエミリアの片割れやってんなあ。
あのt.A.T.u.(タトゥー)『ALL THE THINGS SHE SAID』を日本語でカバーしたという・・・。(笑) 
それにしてもシンクロの選曲がなかなか面白かったなあ。
『うる星やつら』の主題歌だった『ラムのラブソング』で踊ってたりしたけど、改めて名曲やなと思った。(笑) 
後はオレの青春時代に聴いてたような80'sとかね。 

今日は『エースをねらえ!〜奇跡への挑戦』っていうスペシャルをやっていた。
最終回で宗方仁が死んでその続きのエピソード。
この作品はやっぱり宗方仁の死がピークやと思うんで、ストーリーもどうしてもインパクトが弱くなっちゃうんやけどね。
それでもそれなりに楽しめたかな。
相変わらず上戸彩のテニスのフォームが気になるけど。(苦笑) 
それにしても今さらながらにキャスティングの良かったドラマやなあって思ったわ。
原作がマンガだとなかなかうまくいかんもんやのにねえ。 

2004.09.23 duran duran『THE REFLEX』を聴きながら・・・。

9/24 globeツアースケジュール決定!そして東京再遠征計画は? 

ようやくglobeツアースケジュールの詳細発表があった!
ツアー名は『globe decade -access best seasons 1995-2004-』
大阪フェスティバルホール11/17、18っていう平日に二日間ある。
そして東京では12/18、19が週末で東京厚生年金会館12/21、22が平日で東京国際フォーラム・ホールAっていうなんと4日間もある。
この公演のチケット代が8,400円とバカ高いもんやから行けてもせいぜい2公演ぐらい。
いつもなら大阪を連チャンでってことになるんやけど、今回はかねてから言ってたように東京遠征を視野に入れたいな、と。
だから大阪で1公演、東京で1公演を考えたいところ。
大阪はたぶん11/18ってことになるかな。
問題は東京だ。
平日の方がイイ席で見れる確率は高くなるやろうしチケットそのものも取りやすいんやろうけどなあ。
しかし12月半ばなんてもう年末やがな。
さすがに仕事を休むわけにはいかんし、そうなると可能なのはもう12/22の日曜日しかない。
気になるのは東京厚生年金会館と東京国際フォーラムのキャパシティーの大きさがどれぐらい違うのかってことかな。
厚生年金会館の方が大きければチケットも少しは楽になりそうな気がするし。
まあチケットが無事取れればこの前のミスチルLIVEでのパターンのように、仕事明けに行って、月曜の夜に帰るっていうことになるかな。
というわけで、予定としては11/18と12/22っていう感じ。
しかし、これだとあんまり東京にゆっくり滞在してられない。
だからこれまでにもう1回遠征をしようかと考えているところ。予定としては10月か11月の連休を使うことになる。
以前書いたように10/9〜10/11か11/20〜11/23ってことになるかな。
ただしこれだと土曜日に仕事を休ませてもらわないといかんけどね。
となると10月は今からやと急やねんなあ・・・。
歳を一つとるまでに行きたいところなんやけど。(笑) 
現時点では11月の方が可能性が高いかな。
でもこれだともうglobeのツアーも始まっちゃってるしなあ。
大阪で見た直後に遠征ってのもねえ・・・。
さあ、悩みどころだ。
関東方面の方々は何日のLIVEに行くつもりなんかな?
せっかく遠征してあんまり御対面できなかったらわざわざ東京まで行く甲斐も無いからねえ。
全国のgloberの方々、みなさんはどの公演を観に行かれるのでしょうか? 

2004.09.24 globe『So far away from home (Beautiful Journey)』を聴きながら・・・。

9/25 I Hate Smoke!! 

昨日の『さんまのまんま』のゲストは中谷美紀だった。
例によってさんまは中谷美紀にどういう男がタイプなのかを聞く。
そこで中谷美紀は「タバコを吸わない人」って言ったもんやからさあ大変。
以後のトークが最後まで不穏な空気に包まれた。(笑) 
なんせ明石家さんまという人は大の愛煙家
なんと1日80本って言うんやからヘビー・スモーカー中のヘビー・スモーカー!!
そんな彼が女と博打と酒はやめれてもタバコはやめられないっていうのは至極当然なことだろう。
さすがに赤ちゃんが生まれた時はベランダや便所で吸ってたらしいけどね。
オレからすれば「それでも吸うか?」って感じやけど。(苦笑) 
「タバコを吸わない人がいい」って言った中谷美紀に対し、さんまは「あっ、ワガママなんだ!?自分が好きなものはやめてくれって言ってもやめないくせに、男が好きなことにはやめろって言うんだ!?」と言っていた。
この一言で明石家さんまという人のタバコが周囲に与える悪影響への意識レベルの低さってものがうかがえる。
タバコを吸うことと他のあらゆることを同列にして「やめろと言う奴はワガママな奴だ」っていう考え方にはハッキリ言って腸が煮えくり返る思いだ。
おそらく「タバコを吸ってれば肺ガンになって自分が早死にするかもしれない」っていう程度の意識しか持っていない。
先ずタバコというものが発ガン物質の塊で毒物であるっていうことをしっかりと認識すべきだ。
そして副流煙の方が吸ってる本人より何倍もの毒があるんやってことをもっと自覚してほしい。
自分は健康に気を使ってる人達にも毒を飲ませてるんやってことをもっともっと自覚しないといけない!!
吸ってる本人はおいしくて落ち着くのかなんだか知らんけども(中毒性物質であるニコチンの覚醒作用により脳を興奮させる)、オレのように肺を鷲掴みにされるような苦しさを常に感じているようなアレルギー体質の人間だっているのだ!!
「タバコぐらいでガタガタ言うな」とか言う奴にはほんまにこの苦しみを心底味わせてやりたい!!
こういったことでオレは今までにも何度も一触即発になりそうな経験をしている。
普段は職場でも吸う人だらけやからあんまりキツいことは言わない。
それだけに相当なストレスも溜まっている。
最近では喫煙家も肩身が狭くなって気を使うのかもしれへんけど、ハッキリ言って健康な人間を不健康に至らしめて早死にに加担してるんやから気を使って当然。
それよりも何で健康に気を使ってる人間が他人の嗜好のために毒物やストレスで命を縮めないといけないのか実に理不尽な話である!!
死ぬなら勝手に死ね!!他人を巻き込むな!!って明石家さんまの言い分を聞いててほんまに思ったな。(笑) 
同期の島田紳助もこれからの人生を考えて禁煙したんやから、願わくばさんまさんにもやめてほしいもんですわ。
お笑いとしては大好きやからねえ。(笑) 
こういう人達って影響力あるから。 

タバコ産業がどんなにクリーンなイメージで訴えようとしようが絶対に騙されない。
あかんもんは絶対あかんのよ!!
もうどれだけあかんのかは今までにも口を酸っぱくして言ってきてるけども、まだ読んでなくて勇気のある人(笑)はココを。↓
http://jinn.fc2web.com/wareomou/wareomou009.html 
そして去年と今年の5/31世界禁煙デーの時の日記を読んで下さい。↓
http://jinn.fc2web.com/nagaremoji/nagaremoji2003-05.html 
http://jinn.fc2web.com/nagaremoji/nagaremoji2004-05.html 
喫煙家は目を背けるのが得意やから読まないかもしれへんけどね。(苦笑) 
こんな風にオレみたいな嫌煙家がここまでボロクソに言わなければいけない背景として、日本という国が分煙ということに関してあまりにも鈍感すぎるってことがある。
そして何と言っても「タバコが毒物である」っていう意識があまりにも希薄
アメリカでは国VSタバコ産業の総額約42兆円っていう莫大な訴訟問題が話題になっている。
国が勝てばタバコ産業は滅びてしまうのではないだろうかっていうぐらいやけど、それぐらいアメリカではタバコに関して「毒物である」という認識を浸透させつつあるってことだ。
日本ではマナーに関しては最近少し関心を持たせようとはしてるけど、「毒物である」っていう認識を持たせようとする動きはまだまだ弱すぎる。
ほんまに喫煙家のどれだけがその悪さをわかって吸っているのだろうか?
たまにいろいろ質問してみるけど、嫌煙家のオレより知識を持ってる人間ははるかに少ない。(苦笑) 
どうゆうことやねんって思う。
ああ、また爆発しちゃったなあ。(爆) 
でもオレは誰がどう思おうとタバコに関してはいつまでも手厳しいことしか言わないよ。
自分の命を守るためにもね。 

今日は『K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦』ってことで、例によってザッと簡単な予想だけ書いておくとしよう。
ピーター・アーツVSマイケル・マクドナルドはアーツの判定勝ち。
アーネスト・ホーストVSグラウベ・フェイトーザはホーストのKO勝ち。
武蔵VSシリル・アビディは武蔵の判定勝ち。
レミー・ボンヤスキーVS曙太郎はボンヤスキーの判定勝ち。
アレクセイ・イグナショフVSガオグライ・ゲーンノラシンはイグナショフの判定勝ち。
ゲーリー・グッドリッジVSマイティー・モーはモーのKO勝ち。
レイ・セフォーVS天田ヒロミはセフォーのKO勝ち。
ジェロム・レ・バンナVSフランソワ・ボタはバンナのKO勝ち。
・・・ってことでこの予想だと大番狂わせは無くなっちゃうわけやけど、たぶん1、2試合ぐらいはあるんちゃうかな?
それがどれになるかはサッパリわからんけどね。
案外ガオグライ・ゲーンノラシンなんか注目かも。 

2004.09.25 globe『What's the justice? (from 『Lights』)』を聴きながら・・・。

9/26 『K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦』 

今日は昨日日本武道館で行われた『K-1 WORLD GP 2004 in TOKYO 開幕戦』の感想。

アーネスト・ホーストVSグラウベ・フェイトーザ
極真空手贔屓としてはグラウベに頑張ってほしかったんやけどね。
でもホースト相手じゃあやっぱり厳しいわなあ。
ホーストが3-0で判定勝ち。 

"剛力王"ゲーリー・グッドリッジVS"怒濤のサモアンフック"マイティー・モー
予想通りの剛腕殴り合い対決。
マイティー・モーのラスベガス予選の時の試合ぶりを見てコイツはなかなか期待できそうやなと思ってたら予想以上の破壊力だった。
かつてマーク・ハントが登場してきた時のことを思い出すね。
あの剛腕のグッドリッジに殴り勝ち、見事なKO勝ち。 

"JAPANの特攻隊長"天田ヒロミVS"南海の黒豹"レイ・セフォー
天田も粘ってたけどやっぱりセフォーのGPの場数みたいなものを感じた試合やったな。
セフォーが3-0で判定勝ち。 

"K-1GP 2003 王者 フライハイ"レミー・ボンヤスキーVS"第64代横綱"曙
実はこの試合に関してはチェックする前に結果を知ってしまっていた・・・。
ネットを起ち上げた時にいきなりニュースの見出しの中に「曙KO負け、5連敗」っていうのが目に入ってしまった・・・。
ほんまに油断大敵やわねえ。(苦笑) 
まあ曙が勝てるとは思ってなかったけども、ボンヤスキーが実に王者らしく真っ向勝負をやってのけたんで試合はかなり面白かったんよね。
それだけに曙も一発当たれば的な部分はあったんやけど、いやはやボンヤスキーのテクニックが素晴らしかった!
ローキックで視線を下に落とさせておいて左右で軽くフックを入れるとすぐさま右ハイキックで見事なKO勝ち!
曙がまたしてもヒキガエルのようにブッ倒れた。(爆) 
鮮やかやったなあ。
この調子なら2連覇の可能性も高いかもね。 

"20世紀最強の暴君"ピーター・アーツVS"褐色のヘラクレス"マイケル・マクドナルド
まあ特にどうこうっていう感想はない。
個人的にそんなに興味のあるカードでもなかったから。
3-0でアーツの判定勝ち。 

アレクセイ・イグナショフVSガオグライ・ゲーンノラシン
この試合はダイジェスト扱いやったのが残念やったなあ。
オレはこの試合楽しみにしてたからねえ。
イグナショフは中邑真輔に負けて商品価値が下がっちゃったってことなんやろうか?(苦笑) 
試合は身長差体重差40kgっていうのにムエタイ戦士らしくゲーンノラシンが物凄くアグレッシヴな試合をやっていた。
ひょっとするとひょっとするかもと思ったらひょっとした。(笑) 
ゲーンノラシンが2-1でなんと判定勝ち!
優勝候補のイグナショフが敗れるという波乱。 

"K-1 GP 2003 準優勝"武蔵VS"フランスのケンカ野郎"シリル・アビディ
武蔵は去年準優勝してからほんまに良くなったね!
気持ちが強くなったっていうのがよくわかるファイトでなかなか面白かった。
3-0で武蔵の判定勝ち。 

そして最後は"ハイパーバトルサイボーグ"ジェロム・レ・バンナVS"ホワイト・バッファロー"フランソワ・ボタ
これで完全復帰かと思われたバンナ。
ところが恐れていた結果が待っていた・・・。
ボタは段々K-1のリングでの戦い方に慣れてきたかな。
ボタにとって良かったのはバンナがキックの得意な選手じゃなかったってことかもなあ。
だからパンチ勝負で1発当てることができたわけで、ダウンも奪ってみせた。
バンナはなんとかドローに持ち込んだもののなんと棄権!
これによって東京ドームにはボタが進むことに。
これを棚からボタ餅って言う。(爆) 
バンナは粉砕骨折した腕のダメージが大きかったようだ。
これは残念やし、今後の選手生命にも不安がよぎるねえ・・・。 

総合してみると、オレの予想が当たったのは3試合。
勝敗だけなら6試合を当てている。
さらに波乱が1、2試合はあるやろうってこともしっかり当たってたし、ガオグライ・ゲーンノラシンに注目すべきことも当たってたから、この辺は格闘技ファンとしての面目躍如かな。(笑) 

ついでにと言ってはなんやけど『プロレスリング・ノア中継』が面白かった。
メインのGHCヘビー級選手権試合・小橋建太VS田上明もスゴ技連発で面白かったんやけど、それよりJr.の丸藤正道VS鈴木みのる(パンクラス)の超異色対決がかなり面白かった!
まさかこの二人の試合がこんなに噛み合うとは!
鈴木が強いのはわかりきってることやけど、丸藤のプロレスセンスの良さにほんまに感心させられた。
コイツはほんまにスゴい!これからも要注目やね! 

2004.09.26 田上明の入場テーマ曲であるYNGWIE MALMSTEEN『Ecripse』を聴きながら・・・。

9/27 試聴してるCDよりもこの試聴機が欲しい!! 

先日TSUTAYAでDVDが20%OFFやったもんやから、STACIE ORRICO(ステイシー・オリコ)DVD『LIVE IN JAPAN』を買った。
前にも書いたようにCDを聴いてかなり良かったもんで、これはDVDも買いかな、と。
ほんまにステイシーの歌もバンドの演奏もダンスもみんな素晴らしい!
まだ若いくせに実に歌がうまい!しかも踊りながら歌っちゃったりまでするとは。
レコーディングしたものと全く遜色がない。
それとやっぱり西洋人の骨格は歌うのに得やなあって思ったわ。
骨格だけじゃなくて言語の発音習慣からして得やわね。
とにかくそんな風に妬ましくなるぐらい(笑)イイLIVEのDVDやったわ。 

ところで、CDショップで試聴してよく思うことがある。
それは「何で家ではこの試聴機みたいなイイサウンドで聴けないんやろう?」ってことだ。
で、手っ取り早くこの試聴機が欲しくなってしまった。(笑) 
この試聴機を見るとどれも「Nakamichi」というロゴが入っている。
たぶんこれがメーカー名やろうと思ってネットで調べてみるとあったわ。
業界の標準にもなってるというこのNakamichiの業務用試聴機(三連奏)税込標準小売価格75,000円!!
やっぱりバカにならんよねえ。
加えて純正ヘッドホン14,000円専用スタンド3,300円
う〜ん、これはなかなかの冒険だ。
しかも試聴機ってあくまでも店舗で使うためのもんやから非常に使い勝手が悪いんよね。
8cmCDシングルは聴けないし。
ここまでして買う必要があるだろうか?(笑) 
それでもあの店頭で試聴してる感覚が家でいつでも好きなCDで聴けるならこの上なく気持ちイイことは間違いない!
とりあえず試しにヘッドホンだけでも買ってやろうかと思う。
もしこれだけで満足できるようならラッキーやし。
こんな風に試聴機が欲しいって思う人はオレだけではないようで、ちゃんと個人でも通信販売してくれてるんよね。
もしそんなことしなくても、こういう機材を買えば気持ちイイっていうのを知ってる方がおられたら教えて下さいませ!
使い勝手が良くて音がイイのにこしたことはないんで。 

2004.09.27 STACIE ORRICO『I Could Be The One (from 『LIVE IN JAPAN』)』を聴きながら・・・。

9/28 世の男性諸君はどんな女性有名人が好きですか? 

去年『抱かれてみたい男ランキング』っていうのをやっていた。
↓の10/7の日記を参照。
http://jinn.fc2web.com/nagaremoji/nagaremoji2003-10.html 
で、今年は『島田紳助が芸能界の厳しさ教えます!恋愛スペシャル』「全国1万人大調査!恋人にしたい女性完全ランキング」っていうのをやっていた。
ビデオリサーチ「テレビタレントイメージ」調査有効サンプル数959人NHK「好きなタレント調査」有効サンプル数2083人って言うんやから10000人のサンプルっていうのはたいしたもの。
全国の18〜30才の独身男性1万人に「恋人にしたい女性有名人」を大調査したその結果は以下の通り。
第10位 優香(194人) 
第9位 松嶋菜々子(201人) 
第8位 加藤あい(214人) 
第7位 柴咲コウ(215人) 
第6位 伊東美咲(267人) 
第5位 仲間由紀恵(287人) 
第4位 竹内結子(397人) 
第3位 上戸彩(424人) 
第2位 長谷川京子(574人) 
第1位 矢田亜希子(620人)
・・・オレの予想ではハセキョーあたりが1位かなあって思ってたんやけどねえ。
矢田亜希子がこんなにモテるとは。
なんとなく地味な感じがするんやけども、やっぱり清楚な雰囲気がするし恋人にしたくなる気持ちっていうのはわかるかな。(笑) 
意外に思ったのが加藤あい。
こんなに人気があるんや!?
後は松嶋菜々子って反町が旦那で子供もできたっていうのになんだこの根強い人気は?(笑) 
個人的に全く好みじゃないのは竹内結子と優香。
何で彼女らはこんなに人気があるんやろう?
別に嫌いじゃないんやけどね。
「恋人にしたい」っていう部分でピンとこないのは柴咲コウと仲間由紀恵かな。
じゃあオレは誰がイイのか?
この10人の中なら伊東美咲かなあ。
ただ自分と合いそうかな?っていうのを考えた場合は矢田亜希子って感じがするねんなあ。
実に勝手なことを言ってますが。(爆) 

もしオレがこのアンケートをされたなら誰って言ってるやろうなあ?
やっぱり佐々木恭子アナってことになるかなあ?(笑) 
イイなあって思う有名人はたくさんいるんよ、勿論。
例えば13位小野真弓(155人)14位山田優(153人)31位白石美帆(72人)35位藤原紀香(61人)51位倉木麻衣(46人)87位藤本美貴(21人)114位高樹千佳子(14人)120位加藤夏希(13人)182位鈴木えみ(6人)202位和久井映見綿谷りさ(5人)なんかは顔なり醸し出す雰囲気なりとかけっこう好きだったりする。
ちなみにglobeKEIKO257位3人。(笑) 
でもズバ抜けて好きな有名女性タレントっておらんねんなあ。
ここには出てきてないけど三枝夕夏の顔とか好きやけどねえ。
なんせオレの場合声とか話し方みたいなのも重要なポイントなんでその辺でツボな女性っていうのが意外といなかったりするねんなあ。
しかし驚いたのが47位aiko(49人)
彼女がこんなに人気があるなんて!?
別に特別可愛くもないのになぜかこのタイプって恋人に不自由をしないような気がして仕方がない。(笑) 
最近で言うと大塚愛とかね。
人の好みは十人十色。
まあこんな芸能人みたいに可愛かったり美しかったりするような女性と付き合えるようなことはそうそう無いからねえ。(笑) 
こうゆう話をアレコレしてると身の程知らずやなあって思うわ。(爆) 

なお、今回は同時に「結婚したくない女性完全ランキング」っていうのも調査したそうで、結果は以下の通り。
第10位 杉田かおる(249人) 
第9位 井上和香(251人) 
第8位 和田アキコ(289人) 
第7位 叶恭子(315人) 
第6位 青木さやか(316人) 
第5位 久本雅美(420人) 
第4位 光浦靖子(597人) 
第3位 山田花子(616人) 
第2位 さとう珠緒(626人) 
第1位 神田うの(659人) 
・・・なるほどといったところか。
確かにこの中の誰とも結婚したくはない。(爆) 
って言うか和田アキコって結婚してるやん!!(爆爆) 

これらの二つのランキングは女性の人達から見てどう感じるんでしょうか?
納得いくところだったりするのかな? 

2004.09.28 globe『女神』を聴きながら・・・。

9/29 最近オレの歌ってどうなんだ? 

今日は常連のRちゃんが5人ほど男性を引き連れてやってきてたんやけど、その中にB'zファンの子がいるっちゅうてオレにB'zを歌ってくれって頼まれた。
RちゃんはKママがやってたスナックで働いてた時にオレがカラオケでB'zを歌ってるのを聴いたことがあったんよね。
そんなもんやから頼まれたわけやけど、最初は断った。
別に値打ちこいてるわけでもないけど、基本的にうちの店で歌うのって好きじゃないからねえ。
どうも気が引けるというか気を使うというか、仕事中で中途半端な気分っていうのもあるし。
第一オリジナルとかなり雰囲気が変わっちゃうのが嫌だったりする。(爆) 
それでもお客さんから直々のしつこいリクエストってことで歌わないわけにはいかなくなってしまった。(笑) 
今回はB'zっていう指定があったんで選択肢は限られている。
うちの店に入ってるB'zの曲って20曲弱ぐらい。
その中でオレのレパートリーは6曲ほど。
その子には『Bad Communication』って言われたんやけど、それはちょっと勘弁してほしいってことで結局ここでも歌ったことのある『Calling』に。
ただし今日はギターのオーナーが来てなかったため、ギターは無し・・・。
ギター無しでB'zっていうのもどんなんやねんって感じやわね。(苦笑) 
これがまあギターがあったとしてもいろいろ問題には違いないんやけど。(謎爆) 
メンバー的には今日は安心できる人達やったんで良かった。
これが違うメンバーだったら選曲も気を使ってかなり無難な『ALONE』ぐらいしか歌えなくなってしまう。(苦笑) 
それでもキーボードのOさんがチョコチョコ間違えてはったけどね。(笑) 
歌った感じとしては65点ぐらいやね。
別に高音もシャウトもちゃんと歌えてたし「やっぱりうまいわ」とも言ってもらえたけど、どうも手応えとしてはイマイチなんよ。
若干歌の流れをうまく作れていなかったように思うし、節目節目の息遣いも甘かった。
それにまだまだ声そのものが浅いなあ。
声量はあるけど深みが足らない。
そして何よりも言葉一言一句の中のビジョンが足らないような気がするねんなあ。
それで説得力不足に陥ってるっていうね。
もっと集中して感情を持って行きたいところなんやけどどこかで抑えちゃってる感じがつまらなく聞こえてしまったかもしれない。
ドラマーのKさんに「変でした?」って聞いたら「いや全然」とは言ってはったけどね。
この店で歌うといつも変な遠慮が出てしまう。
どこかで裏方の人間がおもいっきり歌うことが悪いような気がしてしまってるねんなあ。
生バンドってそれこそ生き物やからねえ。
歌う方も演奏する方も毎回違う感覚がある。
そこが面白くもあり難しくもあるところ。
普段から慣れてりゃイイけど、いつもMARCKenjiやってるだけやし、絶対にサポートに徹さないといけないっていう感覚でやってるのがこういうピンで歌う時に良くないのかもしれない。
オレの歌も一皮剥けないと今のままじゃダメやね。
だいたい自分の声がどうも好きじゃなかったりするからなあ。
一番の問題はちょっと鼻にかかってしまうことかな。
ASKAほどじゃないけども。(笑) 
そこがイイって言ってくれる人もいるけど個人的にはイヤ。
生まれ持った声のポテンシャルっていうのは人それぞれ違う。
オレの声は少なからず一般の人よりかは歌うのには適してる声ではあると思うけど、それもやっぱり選曲次第ってのがあるしね。
オールマイティに歌える必要は全然無いわけで、もっとオレらしく歌える歌を歌いたい。
となると結局は自分で作らないとしゃーないなあってなってくるんやけどね。(笑) 
何にせよ先日桜井和寿の生歌を聴いてかなり刺激になったあの感覚をここで生かして行きたい!
そしてもっと自分のスタイルを確立してオレなりに説得力のある歌を歌いたいね! 

2004.09.29 Enya『How Can I Keep From Singing?』を聴きながら・・・。

9/30 久々に映画3本の感想 

昨日夕方のニュースを見てたら近畿地方に台風直撃なんて言ってるやん。
「これはひょっとして?」と思ってたらそのうちスタッフから電話がかかってきて今日は臨時休業ってことになった。
それで時間ができたから手付かずになっていたMr.ChildrenLIVEレポを書いたりしてたんやけどね。
なんとか半分ぐらいは書けたんで、後もう一息。 

その前にTVで『陰陽師』をやっとったねえ。
出演は野村萬斎伊藤英明今井絵理子深田恭子中井貴一古手川祐子市原隼人伊武雅刀鈴木ヒロミツ山田辰夫といった面々。
1作目はまあまあって感じやったけど、この2作目は正直言ってつまらなかった。
野村萬斎演じる安倍晴明や伊藤英明演じる博雅が面白いキャラクターやとは思うんやけどね。
特に野村萬斎のあの声の低音の響きはかなり好きだったりする。(笑) 
ストーリーに天照大神だとか素戔嗚尊なんかの神話の要素を取り入れてたけども、ピンと来ず・・・。
後半は完全にダレてしまった。
中井貴一の存在感はあるのにねえ。
市原隼人は相変わらず滑舌が悪い。(笑) 
予告編でフカキョンが上半身裸で喘いでるシーンがあったから、てっきり濡れ場でもあるんかって思ってたらそうじゃなくてお祓いのシーンやったんやね。(笑) 
アレはいかにもそう見せかけて利用してるからいやらしい。(爆) 
ちなみにあの上半身裸の後ろ姿は吹き替えやろうね。
あたりまえか。(笑) 
果たして3作目はあるんかな?
陰陽道ブームも去ったようやし難しいような。
★6つ。 

ついでにこの前の『日曜洋画劇場』でやってた『トランスポーター』にも触れておこうか。
フランス映画やね。
実はこの映画、リュック・ベッソン製作・脚本で香港の女優スー・チーが出てくるから前からちょっと気になっておった。
別にスー・チーが特別好きっていうわけではないけどね。
この映画ではレースのTバックを穿いたヒップが印象的やったなあ。(爆) 
それよりも何もこの映画の主役ジェイソン・ステイサムのアクションがなかなか良かったねえ!
何でも元五輪英国代表の飛び込み選手だとか。
なんせストーリーよりも細かいアクションシーンが見所。
予想以上に面白かったので★7つ。 

さらについでに(笑)この前夜中にやってた韓国映画『オルガミ〜罠〜』についても触れておこうか。
何でこんな未公開映画を放映するんかなあ?って思ってたら、何のことはない『冬のソナタ』チェ・ジゥ主演やから。(笑) 
今が旬やと思って放映するだけやろうからそんなたいしたこたあないやろうって思ってたらこれまた意外に面白かったので驚いた。
最初は単なる嫁姑問題の泥沼ドラマかと思いきや、これはもうサイコサスペンス映画やね。
なんせ義母が異常なまでの愛情を息子に注いでるんよね。
息子も若干マザコン入っておって、こんな映画を見たら女性は絶対旦那の親と同居したくないって思うやろうなあ。(笑) 
地味やのになかなかインパクトのある映画やったわ。
★7つ。 

最近近所のTSUTAYAが男性サービスデーをやめちゃったんで新作を全然借りなくなってしまったわ・・・。 

2004.09.30 伶楽舎『拾翠楽 唐楽 管弦〜楊眞藻 琵琶秘曲』を聴きながら・・・。

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー