2002.05.24〜6.30

5/24

Welcome to my homepage!! 

『ハリー・ポッターと賢者の石』のDVDを観ました。
公開当時はなぜかそそられなかったので、結局観に行かなかったんですけどね。
いやあ、思ってたより面白かったです。
原作読んでないけど、よくもあんな空想の世界をあそこまで実体化できたもんだと感心しました。
ストーリーはシンプルですが、楽しい映画です。
SFXも素晴らしかったですしね。
続編も早く観てみたいなあ。
オレもまだ少年の心を失ってはいないようだ。(笑)

5/25

マクドのハンバーガーを食べてたら、おもいっきり舌を噛んでしまった。
9時間経った今も痛い。
そこで思い出したのがこの歌・・・♪舌を噛切った〜絡み合う唇の中〜・・・長渕剛『激愛』
たしか『オルゴール』っていう映画の主題歌やったと思う。
ある時、うちの店で結婚式の三次会の人達と一般のお客さんと合流した時があってんけど、場の雰囲気を読めへん人っているんやね、お祝いムードの中、この『激愛』を歌った人がいた。
この歌の歌詞には、♪とぼとぼとぼとぼ死んでゆく〜とか、♪二つの手首よ赤く染まれ〜などといった縁起でもないフレーズが盛り沢山。
コレを聴いていた新郎新婦はさすがに顔を引きつらせながら必死で笑顔を保とうとしておりました。(笑) 
歌ってる本人はと言うと、まわりの気まずい雰囲気をモノともせず、すっかり自分の世界へと旅立っていたのでした。

5/26

『金曜ロードショー』『サトラレ』をやってたんで、録画しておいて見ました。
前から話題になってたんで何度かレンタルを試みたんですが、なんとなく他のビデオを借りることになってしまい、見る機会を逃していたのでちょうど良かったです。
「あんまり・・・」なんて感想も聞いたりしたんで、そんなに期待していなかったのですが、なかなかどうして面白かったですよ。
日本映画にしては。(苦笑) 
不覚にも泣いちゃいそうになりましたよ。(泣きませんけどね) 
安藤政信って男前やし、イイ役者やなあって思ったなあ。
『バトル・ロワイヤル』ではキレた若者を演じてたけど、これから幅の広い役者になっていけば面白いやろうね。 

話は全然変わるけど、今脱テレホということで、フレッツISDNに切り替わるまで、しばらく巡回の方を控え目にしたいと思います。ただし、カキコしてくれた方のところには必ずカキコしに行きますんで、御心配なく。(笑)

5/27

『K-1 WORLD GP2002 in PARIS』の話題に触れないわけにはいかんよね。
何と言ってもジェロム・レ・バンナVSマーク・ハントの試合が凄すぎ!
両者ともパワー・ファイターなわけやけど、予想以上の近年稀に見る壮絶な打ち合いをやってくれた。
お互い意地と意地で前に出ていく姿を見ると、こちらも熱くなるよね。
地元フランスということもあり、バンナの意地が勝った形で幕を閉じた。
本来こういう試合は日本人が得意なハズのもんなんやけどなあ。
なぜかK-1では日本人の大和魂ってあまりお目にかかれないというのが、一番の問題点だと思う。
しかし、アーネスト・ホーストの体がだいぶデカくなってたのには驚き。
ステファン・レコを全く寄せ付けず圧勝!
他の試合も面白かった。
しかし、ここで言いたいことがある。
「一撃のKO劇」とかテロップを出しながら放送するのはやめんかい!!
フジテレビまで日本テレビの真似をするか!?
視聴率が欲しいのはわかるけどやなあ、無神経にもほどがある!
・・・ところでERIC CLAPTONの格闘技好きには、驚きを超えて笑ってしまう。(爆) 

昨日も書いたけど、しばらくは脱テレホということで、巡回を控えめにさせてもらいます。
勿論、カキコしてくれた方のところには絶対カキコしに行きますよ♪

5/28

部屋があまりにも散らかりすぎていて、イライラしてくるもんだから、片付けをやってたんやけど、どうにもこうにも置き場所がなく困ってしまう。
捨てれるモノは捨てりゃあええんやけど、その見極めもなかなか難しく、アレやコレやと考えてるうちにどんどん時間が過ぎてゆく。
CDや本は資料でもあるから、捨てるわけにはいかんしなあ。
ああ、部屋がもっとデカかったらなあ、なんて思うけど、デカくても結局散らかしまくりそうな気はするし。(苦笑) 

何度も書いてますが、只今脱テレホ状態なんで、フレッツISDNが使えるまでの間、巡回は控えめにしております。
カキコして下さった方のところには絶対行きますけどね♪

5/29

今日は石井館長が御来店予定だったようなんやけど、結局来なかった。
せっかくドンペリが飲めるかなあって思ったのに。(笑) 

今日も例によって『Anytime Smokin' Cigarette』MARC役をやらされたんやけど、その相手の女の子と一緒に来ていたおっさんが、このオレに猛烈に嫉妬!
それをきっかけに、延々と痴話ゲンカが・・・。
別にオレも仕事でやってるんやから、参っちゃうわねえ。
全然モテなさそうなおっさんやったもんなあ。
嫉妬深い男ってカッコ悪すぎ。 

他にも上司に食ってかかって意見する熱い部下にブチギレかけたその上司を制止する周りの同僚達という、なんともはや荒れ模様が展開され・・・変に疲れた。
酒の場でコレはないわなあ。
次の日、どんな顔して職場で会うんやろう?(苦笑) 
酒は楽しく飲まなきゃ!

5/30

昨日、石井館長は急用で来れなかったそうです。(笑) 

さて、ようやく長かったテレホ生活ともおさらばすることになりました!
♪フレッツ!フレッツ!フレ〜ッツ!ISDNです。
このADSL全盛の時代になぜフレッツISDNなのかというと、引っ越した時にISDNで契約しちゃったんで、既にデジタル回線だったんですよね。
これをアナログに戻すとなると、電話番号が変わっちゃうらしいし、他にもいろいろと面倒なことがあったんで、まあとりあえず常時接続できりゃあいいかってことで、妥協しました。(苦笑) 
これで期間限定BBSの準備は万端!
今までほとんど仕事から帰ってきてからの1〜2時間参加というせつない状況だったんで、これからは意外な時間にも出没できそうな気配。
ただ問題は、すっかり早朝専門に慣れてしまったため、果たして他の時間帯でちゃんとやっていけるのだろうか?ってこと。
若者ばっかりの中に入って完全に浮いてしまうという危険性も。(苦笑)

5/31

『ギョ』っていうマンガ知ってます?
『週刊ビッグコミックスピリッツ』に連載されていた伊藤潤二のホラーマンガなんですけどね。
2巻が出たんで買ったんですよ。
伊藤潤二といえば、『富江』『うずまき』『死人の恋わずらい』など、多くの作品が映画化されてるんですが、ハッキリ言ってどれも原作独特の世界を具現化することに成功していません。
それぐらい、伊藤潤二のマンガというのは、マンガならではの味を存分に発揮したホラーなんですよね。
それにホラーと言っても、怖がらされるというより、その世界観を堪能させられるという感じでしょうか。
いやはや、この人の想像力たるや、本当に驚きです!
『ギョ』も面白かったですが、また映画化されるのでしょうか?
『富江』はまだマシなんですけど、『うずまき』なんか許せなかったですからねえ。
「なんだこのラストは!」って。
伊藤潤二ワールドは映画よりも断然マンガなのです。

6/1

いよいよ2002FIFAワールドカップが開幕!
オレはと言うとそれほどサッカーに詳しいわけではないのですが、まあ人並みには関心があるということで、今日サッカーファンのキーボーディストのHさんとカウンターでサッカー談義に花を咲かせていました。
店にはTVがないので、オレもHさんも今日の試合結果は知りません。
Hさんは今日も録画しておいて、帰ってから見るのを楽しみにしておりました。
すると、そこへベースのKさんが来て「フランス負けたでしょ。」とポロリ。
オレとHさんは、一瞬言葉を失ってしまった。
オレは別にいいんだけど、Hさんはもう何も情報を入れない努力をして家路に着く予定だったのだから。
サッカーはやっぱりリアルタイムで見てこそのもんやもんねえ。
それを結果を知って見るのとそうでないのとでは、全然楽しめる度合いも変わっちゃうし。
しかもフランスが負けてセネガルが勝っちゃったっていうんやから!Hさん哀れ。(笑) 
「日本戦の時じゃなくて良かった」って言ってました。(爆)

6/2

今日はハズレばっかりだった。
何がって? 
歌ですわ、歌、お客さんの歌。
ヘタクソな歌を愛想笑いを浮かべながら延々聴き続けるのってかなり苦痛だったりします。
いつもなら少しはうまい人がいるもんなんやけどなあ。
しかもヘタクソにも関わらず何曲も歌いたがるあの恥知らずさはもう、カラオケ文化の発展における最大の弊害と言っていいかもしれない。(オレかなり毒舌吐いちゃってるかな?でもこれが本来のオレです。(笑)) 
いくら生演奏で歌うのが気持ちいいとは言ってもやねえ、他のお客さんの迷惑にも・・・でも、今日はみんながみんなヘタクソやったから誰もブーブー言うことは無かったわけで。(苦笑) 
つい先日、今年で20周年を迎えた店ですが、昔の常連さんは「歌う人間の質が落ちた」って、よく嘆いています。
なにしろ「よっぽどうまくなかったら歌わせてもらえない空気があったからなあ。オレなんか緊張していつも歌えなかったわ。」なんて話をよく聞くんやけど、それが今や・・・。
オレがTEENの頃なんかまだ「人前で歌うことはとっても恥ずかしいことや」っていう時代やったけどなあ。
カラオケの普及がここまで変えてしまうとは。
歌うことの気持ち良さにみんな気づいてしまった。(笑)

6/3

『K-1 SURVIVAL 2002 in 富山』を見たんだけど、う〜ん・・・どうでしょう。
相変わらず日テレの番組の作り方が非常にマズい!
前フリの仕方はまあいい。
けど試合始まる前から結果が読めるようなテロップを出すな!
アホちゃうか、ほんまに!(怒) 
かなり怒ってます。
あのテロップのおかげで、全試合の結果がやる前からわかってしもたよ。
この大会はK-1の他流試合が5試合組まれてたんやけど、K-1ルールやから当然K-1の選手が有利であるかのように思えた。
でも結果としては2勝3敗。
見事なKO劇はレイ・セフォーの試合のみだったということもあり、全体的にイマイチな大会やったな。
だいたい中迫VSボブ・サップからイヤな感じやったし。
ボブ・サップの暴走ぶりにはほんまにがっかりしたわ。
君はずっとPRIDEに出てなさい。
取り抑えられてる時の姿はまさに猛獣扱いやったね。(笑) 
中迫が精神的に負けてなかったことだけが救いかな。
レイ・セフォーは調子良さそうやし、GPの方でも期待できそう。
今年はかなり面白くなりそうな予感。
ただピーター・アーツが冴えてない。
あの初代タイガーマスク・佐山聡が起ち上げた掣圏道からの刺客二人はなかなか動きが独特で面白かった。
特にアンドレイ・キルサノフはアーツに判定負けしたものの、違う畑でよく粘ったと思うし、見てて面白いわ。
後はニコラス・ペタスがまた負けた。
極真空手が負けるところは見たくないんやけどなあ。
てっきり鼻骨骨折するんかと思ってたら足だったんでエグかったね。
外側に曲がってたもんなあ。
K-1 JAPANが大坂城ホールかあ。
カードを発表する前からチケットを売られても困ってしまうんよねえ。
やっぱりGPが見たいわ!
1回決勝トーナメントを大阪ドームでやってくれへんかなあ。
石井館長どうですか?(笑)

6/4

何年かぶりに泣いてしまった。
しかも夢を見て。
夢の中では彼女がいるんやけど(現実にはいないんやけどね)、ある時昔の彼女が海外から戻ってきて、再会しちゃうんだわ。
その彼女とはお互いそれぞれの夢を追って好き同士なのに関わらず別れちゃってて・・・。
再会した時点でお互いの心がグラグラと揺れちゃってたわけよ。
でもオレには今の彼女がいるし、昔の彼女もそれがわかってるから必死に距離を置こうとする。
想いはこんなに近いのに。
で、今の彼女といちゃついてるところに、向こうから昔の彼女がオレのためにニコニコしながら喘息の薬を持ってくるのが見えた。
アッと思ったら、彼女もこの様子に気づいて表情を曇らせるんやけど、そのままオレの横を気づかぬフリして自分で薬を飲みながら通りすぎていった。
「おい!どこ行くんや!」って思わずオレは後を追ってしまう。
優しい彼女を悲しみでいっぱいにさせてしまったことに耐えられなかった。
彼女の後ろ姿を見てると涙がドバ〜〜〜って流れてきた。
ここで「ああ、オレは今夢を見てるんや」って気づいて目が覚めた。
それでも涙が止めどなく溢れてきてしまった。
別れてからもう2年近く経つっていうのに、どうやらまだ未練が残ってたかな。
あそこで後を追っちゃダメだったんだ。
グッとガマンしなくちゃいかんかったのだ。
いかに今まで虚勢を張ってたかってことに気づかされたような気がした。
いつまでも引きずって・・・男ってつくづくバカである。
ちなみに夢に出ていた今の彼女の顔が思い出せないんだなあ。
ハア〜〜ッ。(溜息) 
まいったね、こりゃ。
なんてこった。
効いたわ。
なんかこんなオレを粉々に破壊してしまいたい!!

6/5

W杯の日本×ベルギー戦見ましたか? 
6時からということで、仕事前にギリギリなんとか見る事が出来ました。
前にも書いたけど、サッカーは特に詳しいというわけでもないんで、あんまりツッコんだことは言えないんですけどね。
たまに見る程度なんで。
でもやっぱりW杯ということで、緊張感が全然違う!
プレイのひとつひとつが重く感じるねえ。
一応オレの素人ながらの予想としては1−1の引き分けか、良くて2−1で日本勝利っていうもんやってんけどね。
前半の感じからしてやっぱり引き分けゲームかなあって思ってたら、後半は荒れた!
ベルギーに先制点を取られ、「アッチャー」って暗くなりかけてたところに、鈴木がすぐさまゴール!
鳥肌が立ちました。
そして稲本が逆転の1点を決め、これは俄然ノッてきた!
しかし、押しているにもかかわらずまた1点を取られ、同点に。
そしてあの稲本の幻の1点が・・・。
アレってなんでファウルなん?
素人だからよくわからんのやけど。
結局2−2の引き分けということで、なかなか日本の選手達みんな健闘したのではないでしょうか。
4年前よりパスが随分通るようになってると思ったし、明らかに成長してきてるよねえ、日本も。
韓国ポーランドの試合は見れなかった。
日本も韓国もなんとか予選を突破してもらいたいね!
でもW杯の放送やってる間、テレビ置いてない店はスカスカらしいです。(苦笑)

6/6

大阪では第一水曜日が映画の日。
『バニラ・スカイ』以来しばらく映画館に観に行っていないので、何か観ようと思っていた。
本当は『少林サッカー』が一番観たいかなあと思ってたんやけど、映画の日って混むからたぶんムリ。
『スパイダーマン』もたぶんいっぱいだろう。
で、『アザーズ』がええかなあと思ったわけだ。
なんかラストが意外とか言われるとどうしても観たくなるよねえ。
誰かの口からポロッと耳に入っちゃう可能性だってあるわけだし。『シックス・センス』とか『アンブレイカブル』なんてラスト聞いちゃったらどうしようもないもんなあ。
で、これだけ前フリしておいて、結局観に行かなかったりする。(苦笑) 
最近寝不足であんまり早く起きる気力が無かったのと、明日レンタルで返さないといけないDVDをまだ観ていなかったから。
そのDVDは『ジュラシック・パーク。』
100円でレンタルできたんで借りた。
よくパート3まで続いたもんだ。
1作目はSFXのスゴさだけで観れたけど、2作目はあまりにもヒドすぎた。
だから3作目は無いだろうと思ってたのに。
あまり期待せずに観てみたけど、まあこんなもんやろうなあって感じ。
2作目よりかは楽しめたけど、ハッキリ言ってたいしたストーリーじゃないですな。
ただやっぱり恐竜がリアルでねえ!
古代あんな生き物がいっぱい動き回っていたのかと思うと、なんだかロマンを感じたりしてしまう。
ほんまに生きてるみたいやし、着ぐるみに入って汗だくになってアクションをする時代とはえらく変わったもんだ。
それはそれで好きやけど。(笑)

6/7

遅ればせながら、『ULTRAS』のマキシシングルを買いました。
アルバムに関しては以前、この流れるコメントにおいて、かなりダサいCDだと書いたけど、懲りずにまた買った。
『AIDA 決めてくれー!』はどうでもいい。(笑) 
お目当てはGABALL『ambient lounge (Hidetoshi Nakata's theme)』
でもambientなだけに地味な曲やね。
今、『めざましテレビ』でちらっと昨日のglobe日本武道館LIVEの様子をやってたけど、『I WILL SURVIVE』もやったんやねえ!
GABALLの曲やのに。(笑) 
KEIKOも勝ちT着てみんなで「ニッポン」コールやってたようで。
くうっ〜、羨ましいねえ!
武道館でトランスとは妙な感じやけど、オレも行きたかったわあ。
ちなみに『I WILL SURVIVE』はこのマキシシングルのKEIKO VERSIONの方が、野太い男どもの聞き苦しい合唱が入ってなくて聞きやすい。(爆) 
う〜ん、個人的にはこの曲あんまり好きになれへんなあ、やっぱり。
同じカバーでも『Stop! In The Name Of Love』の方が断然好きやね。

ついでにまだ買ってなかったR9『trΛst』Female non Fiction『FREEZE』も買ってきた。
やっぱりイマイチですなあ。
売れないわけだ。(苦笑) 
思ってたよりかは歌はヘタじゃなかったけどね。
それにしても『FREEZE』のバッキングはglobeの『Many Classic Moments』とダブってるぞ。
ん?『OVER THE RAINBOW』も入ってるなあ。(苦笑) 
TKまたやっちゃったのか!?

6/8

ああ、忌々しい!
またプロ野球中継延長してやがったのか!
しかも最大延長やんけ〜!
おかげでまたタイマー録画をミスッてしまった。
今の時期これがあるから、腹立つわあ。
関西では『プロレスリング・ノア中継』を金曜日の夜中にやってるんやけど(だから正確には土曜日)、今週はすごく楽しみにしていたノー・フィアー解散遺恨清算試合・大森隆男、モハメッド・ヨネVS高山善廣、杉浦貴のタッグマッチ。
既に『週刊ゴング』等で結果は知っていたけども、プロレスは結果が問題じゃない。
あくまでも試合内容なのだ。
だからじっくり試合を見てみたかった。
解説には秋山準ということで、これまたアイロニーのきいた喋りがとても興味深かったんやけど。
悔しいわあ。
最初の5分だけでちゃっかりテープはキレとったわ。_(_”_;)_バタッ 
今日『ミュージック・ステーション』にB'zさえ出ていなければ、こんなことにはならなかったのに・・・。
標準で録ってしもててんなあ。
基本的にプロレスはどの試合をダビングしてもいいように標準で録るようにしてるんやけど、こんなことなら3倍で録るんだった。
ああ、大森の負けっぷりが見たかったあ〜!
ちなみに高山のパートナーの杉浦は、今度『PRIDE21』に出るそうな。
これまた楽しみやねえ!
もうイヤやで、プロ野球中継の延長は。(苦笑) 
最初から放送時間を確保しとけよなあ、ほんまに!(怒)

6/9

『SUMMER SONIC 2002』にちょっと行きたいなあって思ったんよね。
ほんまは『FUJI ROCK FESTIVAL』で、The chemical brothersとかprodigyとかalec empireとか見たいんやけど、さすがに苗場まで出向くのは経済的にも時間的にもムリ。
だから近場の大阪WTCオープンエアスタジアム&インテックス大阪で行われるサマ・ソニならええかな、と。
で、見たいのはGUNS N' ROSESではなく(笑)、NO DOUBT
何と言ってもNO DOUBTやで。
でもこれが8.17の土曜日に出演ということで、炎天下暴れまくった後に徹夜で仕事っていうのはちょっとキツすぎるなあってことで、躊躇してる。
他に特に見たいアーティストがいるわけでもないし。
Dragon Ashが大阪だけ出るみたいやけどね。
特に好きってわけじゃないけど、ちょっとだけ見てみたい気はする。
後は、SIOUXIE & THE BANSHEESHYぐらいかな。
オレ基本的にパンクって嫌いやからねえ。
そんなに見たいバンドはないんだ。
HANOI ROCKSにも全く興味ないし。
う〜ん、やっぱりテクノ野外イベントをやってほしいもんやなあ。
まあ、何にせよほんまは見るより出たいっすよ。(爆)

6/10

語らずにはいられない、W杯日本×ロシア戦
祝!ニッポン勝利!!
オレは2-0でロシアの勝ちって予想してたから、いやあほんまに良かったわ。
また鳥肌立ったわ。
得点した稲本も言ってたけど、まさにチームワークの勝利やね!
勿論彼のプレイは素晴らしかったけどね。
シュートが決まった時、隣の部屋からも壁を隔てて拍手が聞こえてきた。(笑) 
これでチュニジア戦も楽しみになってきたぞ!
幸い昼間に放送やから見れるなあ。
ゲストの久米宏ってのが気に入らんけど。(笑) 
ああそういえば長居でやるんやなあ。
この日ヤバいんちゃうん?
くれぐれもミナミでフーリガンとかバカ騒ぎとか勘弁してほしいな。
しかしまあ大阪のサポーターがまたアホなことを。
約140人がひっかけ橋から道頓堀川に飛び込んだという。(苦笑) 
阪神ファンといい好きやねえ、あの川。
メッチャ汚いのに。(爆) 
それとロシアのフーリガン化はこわいねえ。
何でそんなスポーツの勝った負けたでそんなことするかなあ。
根性腐っとるで。オレ、天龍源一郎が負けてもそんなヤツあたりなんかせえへんぞ。(笑) 
妙な民族意識って腹立つよなあ。
ケツの穴の小さい奴らや。
お店の人も気の毒に。
マジでくれぐれも14日は暴動なんか起きませんように。(祈)

6/11

ヴォーカリストなのにもかかわらず、もう12年ぐらい買い続けている『Keyboard magazine』
創刊23周年らしいが、7月号にglobeの小室哲哉のインタビューが載っていた。
さすが、楽器の専門誌らしいマニアックな話が載っていてとても面白かったが、その中でも一番気になったのが今後のTKの活動。
globeに関しては、コラボレーションを通じてもうワンランク上のトラックを作れたらいいなと考えているということなので、ちゃんとトランス路線も続けるようだ。
それと、かねてから言っていた、ピアノ・ソロ・アルバムを作りたいとのこと。
そして何よりも一番気になるTM NETWORKの活動!!
「以前の曲で、仕上がりに納得のいってないものをリプロダクトしたいね」と三人で話しているらしい!
これは待ち遠しいぞ〜!
果たしてどの曲をリプロダクトするのか、メチャメチャ気になるわあ。
『Get Wild』のTRANCE VERSIONは出してくれないのだろうか?
それも気になるねえ。
いずれにせよ早くアルバムを出してほしい!
そしてLIVEにはなんとしても行っちゃうぞバカヤロー!(小島聡風で) 
あっ、そうそう。
globeの5月17日category all genreの大阪厚生年金会館公演のLIVEレポはなんとかして、近いうちにアップする予定です。
さらに、今月中は曲作りにいそしむので、ネットは控えめになっちゃうと思われます。
勿論レスは欠かしませんけどね。

6/12

今日水曜日は長居W杯ナイジェリア×イングランド戦があるけど、若干心配でして。
フーリガン・・・。
まさかイングランドが負けるとは思わないけど、万が一負けた時がほんまに怖いねえ。
うちの店のビルにもフーリガン対策の貼り紙がしてあるけど、今夜は外人さん来るのかなあ? 
いつもよりそこらじゅうにいろんな国の人達が歩いてるわ。
勿論、今日よりも金曜日の方が心配やけどね。
日本がチュニジアに勝ったら、また間違いなくバカ騒ぎすることだろう。
夕方週末あの人通りの中を、サポーターがひっかけ橋に大挙して押し寄せてきたら、今度こそケガ人が出るかもしれへんで。
しかも雨降りそうなこと言ってるし。
まあ何はともあれ日本がリーグ・グループHを1位で勝ち上がってくれることを祈りましょう! 

それと昨日も書きましたが今月中は曲作りにいそしむので、ネットは控えめになっちゃいます。
勿論、レスは欠かしませんよ! 
今、洗濯してるんやけど、なんか天気悪いなあ・・・。

6/13

W杯ナイジェリア×イングランド戦は0-0の引き分けということで、無事イングランドが決勝トーナメントに進出したため、特に問題もなく良かったな、と。
一応オレの優勝予想はイングランドなんやけどね。 
経済危機にあるアルゼンチンが予選敗退・・・悲しいねえ。
プレイはスゴいのになあ。
フランスも負けたし。
果たして日本はどこまで行けるかな? 

それにしても大阪ミナミは外人だらけですなあ。
国旗つけた外人とかけっこう見るよ。
女の子歩いてたら、声かけるし。
ナンパかい!? 
昨日もひっかけ橋の辺はTVクルーなんかもいて、けっこうすごいことになってたみたいやけどね。
警察だらけやし、看板も六カ国語で飛び込むなって書いてるから、ムチャはできんやろうけども。
とにかく金曜日ですよ、問題は。
チャリで長居付近に行って様子を見てみたい気はするけど、夜の仕事のことを考えるとやっぱり気がすすまない。
間違いなくミナミ、キタに押し寄せてくるこっちゃろうし。
サポーターのみなさん、くれぐれも危険なマネはしないように。 

さて、毎日言ってますが、今月中は曲作りが忙しいので、あまりネットをやる余裕がありません。
気分転換で時々出没します。(笑) 
レスは最優先しますけどね。
後、globeのcategory all genreの大阪初日LIVEレポが、7割方できてるので、近日中にアップできるようにもう少し頑張ります!

6/14

村田英雄氏死去
自分にとってなじみのある人ではないけれど、『Get Wild』のページにも書いてるように、若き日の小室哲哉TM NETWORK『夜のヒットスタジオ・デラックス』に出演した時に、村田氏の代表曲『皆の衆』をリミックスしたものを披露していたのを強烈に覚えている。
♪み・み・み・み・み・み・み・み・み・み・み・み みなのしゅう〜みなのしゅう〜・・・っていう感じで、バックには打ち込みシーケンスフレーズが鳴っていた。
司会の古舘伊知郎が「村田さん、TM NETWORKって知ってます?」と聞くと、「ハイ、お名前だけは。」なんて言ってたが、「全く違うジャンルのものをこうやって取り入れられるっていうのは本当に素晴らしいですよ。」と誉めていたね。
まさか小室哲哉という人が、後にここまで大物になるとは思ってなかったかもしれないけど。
オレは勿論思ってたけどね。(笑) 
それにしても、古舘伊知郎の「いわば、さんまの塩焼きにブルーベリーソースをあえるような・・・」っていう形容の仕方が言い得て妙だった。(爆) 
御冥福をお祈りいたします・・・。 

さて、今日はいよいよW杯チュニジア×日本戦
試合も気になるけど、試合後の大阪もメッチャ気になる。
果たしてくいだおれ太郎の運命はいかに!? 
ポルトガル×韓国戦も気になるけど、残念ながら見れない・・・。
とりあえずTV観戦のため早く寝よう〜っと。
明日はやっぱりその辺りのネタになるんやろうなあ。

6/15

祝!W杯日本決勝トーナメント進出!!
昨日は目覚ましを3時にかけるまでもなく、大阪上空のヘリコプターがやたらと騒がしかったため、けっこう早く目が覚めた。
長居でのチュニジア×日本戦は、前半大阪の蒸し暑さと比例するかのような、ちょっと全体的にダレた雰囲気を感じたんやけど、後半1点取ってから急に元気が出てきてたねえ。
やっぱり精神的なモノがかなり試合の流れを左右するってことがわかったわ。
それを思えばもう自分が生きてるうちにホームでのW杯っておそらく見られないわけやから、サポーターの喜びもひとしおやったやろうなあ。
結果2−0で日本の勝ち。
ちなみにオレの予想は1−0で日本の勝ちでした。
仕事前にひっかけ橋の辺を通ったけど、TVでもやってたようにスゴいことになっとったねえ!
橋からだいぶ離れた所からでも、なんか「ウウォーー!」っていう歓声が聞こえてきてたし。
近くまで行ったらもうスゴい人の数やったね。
もうどこにこんなに多くのサッカーファンがいたんだって感じ。(笑) 
通れないから回り道したもんなあ。
警察もメチャメチャおったし。
あのバカ騒ぎは夜通し続いたみたいやけどね。
夜中には心斎橋商店街『AIDA』を合唱したりしてたみたいやし。
朝5時ぐらいにもまだあの汚い川を泳いでいる奴がおったし。
これで優勝なんかしてしまった日にゃあ、死人が出るで。
ただ青T着てる者同士見ず知らずでも、すれ違う時に喜びを分かち合ってる姿がとても微笑ましかったわ。
これだけ日本中をハッピーな気持ちにしてくれた日本チームに感謝しなければいけないねえ。
まあその言葉はもうちょっと先までとっておくかな。
韓国も勝ったことやし、万が一両国が決勝で当たるなんてことになったらものすごいフィナーレが待ってるんやろうけど・・・無いかやっぱ。
でも疲れましたわ。

6/16

W杯で日本チームが決勝トーナメントに進出ということで、ハッピーな裏でショッキングな出来事が・・・。
ウルトラマンコスモスが逮捕されちゃったのである!
勿論、あの着ぐるみでガチャッと手錠をハメられて連行されたわけじゃない。(笑) 
主役やってるタレントが障害及び恐喝で逮捕されたという。
こんなん、ウルトラマンというヒーローに夢を見ている子供達が知ったら、みんなグレてまうで!
最悪ですよ!
オレなんかウルトラマンのハヤタ隊員役の黒部進やウルトラセブンのモロボシ・ダン役の森次晃嗣が、サスペンス・ドラマとかで殺人犯を演じてるだけでもショックやったのに。
番組放送打切やって・・・。
当然といえば当然やけど、ウルトラシリーズの歴史始まって以来やで。
こんな恥ずかしいことはないよ。
事件起こしたのが、ウルトラマンをやる前やったとはいえ、あかんもんはあかんわなあ。
中途半端に終了してしまって、円谷ファンは泣いてるぞ! 
夏休みには映画『ウルトラマンコスモス2』の上映予定だったが、これも今検討中だそうである。
はかりしれない経済的ダメージが各方面にまで及んでいる。
この主役の奴って、ムサシ隊員っていうんやけどけっこうさわやかな好青年に見えるんだわ。
「えっ?こいつがそんなことを!?」って感じ。
そりゃそうやわねえ、ウルトラマンなんやから。(苦笑) 
しかし、こんな奴がよくもまあヌケヌケと我らが大ヒーローのウルトラマンを演じようと思いよったなあ。
そう簡単に人格がコロッと良くなったとは思いがたいし。
ああ、情けない。
子供達はこのことを一体どのように受け止めるのだろうか? 
裏切られた。
この責任は相当に重いよ。
夢を与える人間は、絶対に人間として恥ずかしい行為をやってはいけないのだ!!

6/17

『めざましテレビ』を観ていたら、衝撃映像が!
金曜日のW杯の日本戦を見ていたTKが「日本に風が吹いてると思うんだよね!それを彼らももう感じてると思うから、絶対に勝てるよ!!」と今までに見たことのない興奮のしよう。
彼があそこまで力の入ったコメントしてる様を、TM NETWORKで知った当初から今まで一度も見たことがない。
「日本はどこまで行けると思いますか?」というレポーターの質問に
「それはもう優勝までに決まってんじゃん!!!」って、ほんまに一サポーターになってしまってたね。(笑) 
アレは貴重映像ですよ。(爆) 
それと道頓堀川に飛び込むことの危険性っていうのもやってたんやけど、橋から水面までの高さが6m。
水面下は3.5mやったかな?
そのうち1.5mがヘドロだそうで、垂直に飛び込んだらヘドロにハマッてしまい、抜け出せず溺れる可能性もあるらしい。
自転車も落ちてることが多いらしく危険だそうな。
そして何よりもメチャクチャ汚い!
大腸菌なんかスゴイそうで、もし川の水を飲んだりしたら食中毒になったり、肺に水が入ったりすると肺炎になったりする可能性もあるんやって。
あ〜気持ちわるう〜。
それやのに約900人も飛び込んだんやねえ。
果たして18日は何人飛び込むんやろうか?  

話は変わって、ようやくglobeのLIVE category all genreの大阪初日レポが9割5分できました。
後は細かいチェックをして、アップの機会を窺ってるんですけど、もうみんな興味ないんちゃうん?(苦笑) 
M.C.部分に関してはかなり思いだして書いてみたつもりです。
これで、心おきなく曲作りに専念できるわ。
よって、今月中はネットは控えめになっちゃいますんで。
勿論、レスは欠かしませんけどね。
気分転換の際に、どこぞに出没します。(笑)

6/18

今日はわりと最近DVDで観た映画3本を紹介。

先ずは『FINAL FANTASY』
日本が誇るゲームソフトの映画版。
スゴイです!
CGが。
顔のほくろやしみ、しわ、毛穴までおそろしいほどリアル!
そしてそのSF独特の世界も素晴らしく美麗。
もはやCGアニメもここまできたかって感じ。
でも、それだけ。(苦笑) 
ストーリーがつまらない。
あれだけ金と労力をかけて実にもったいない話やで。
そういう意味では『ジュラシック・パーク』に近いモノがあるかもしれない。
恐竜のリアルさはほんまにスゴイんだけど・・・っていう。(苦笑) 
まあCGアニメの今後に期待しましょう。

2本目は『ムーラン・ルージュ』
斬新やね。
ミュージカル映画って言っていいと思うんやけど、時代設定とは全然違うマドンナやエルトン・ジョン、ニルヴァーナなどのアーティストの楽曲をミュージカルとして取り入れてたりする。
色鮮やかなシーンも多くてまさに絢爛豪華!
ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーが果たしてちゃんと歌えるのかっていう不安も杞憂に終わった。
でも、個人的には特別面白いとは思わなかったな。
イイ映画なんだろうけど、好みの問題。
そもそもミュージカルって「何でそこで急に歌いだすんだ?」って思ってしまって、笑ってしまうんだわ。
この作品は『ウエストサイド物語』ほど不自然じゃなかったけどね。(笑) 

3本目は『メメント』
サイコ・サスペンス映画なんやけど、いやはやこれはまたややこしい!
観ていてすごく混乱する。
主人公の気分がそのまま味わえるんやけど、いかんせん1回観ただけではこの映画の面白さはわからないかもしれない。
嫌いじゃないんやけど、面白かったって自信をもって言えるほどの作品ではなかったな。
ただ評価の高い作品やから、面白いと思える人はたくさんいると思う。
一度観てみる価値は有り!
どこまで着いて行けるかな?(笑) 
最近、新作DVDを借りる時、なかなかお目当てのモノが借りれないんやけど、そこでいつも残ってるのが『コレリ大尉のマンドリン』。
ニコラス・ケイジが主演にもかかわらずいっつも残ってるこの映画って、やっぱりタイトルからしてそそられないからなのかな?(爆) 

明日は、当然今日のW杯ネタになると思われます。

6/19

ああ、悔しい・・・。
W杯日本×トルコ戦
負けちゃったよ。
何から語れば良いのやら。
あの先制点を決められた時、「これはヤバい」って思った。
呆気にとられたもんなあ。
それなのに実況解説が楽観的なことを言ってるからイライラして仕方がなかったわ。
会場のサポーターもあんまり元気が無かったしねえ。
どうも歯車が噛みあってないように思えたんで、落ち着かなかったんよ。
で、何で前半でさんとすを下げちゃったんだ?(謎) 
やる前からイケるだろうなんてムードがあったし、気が締まってなかったか。
勝てる試合だったと思うだけに、とにかく無性に悔しい! 
こんなことならブラジルと当たって粉々に散って欲しかったという気も・・・。(笑) 
どんなに押した試合をしたとしても、あの枠にボールを入れないことには次に進めないねんなあ。
それがサッカーなんやねえ。
でも、本当にイイ夢を見させてもらったよ。
日本中をこんなに元気にしてくれてありがとう!
トルシエ・ニッポン!! 
もっと夢を見続けたかったけどね。(苦笑) 

そんな日本とは違って、韓国はスゴかったねえ!
仕事で試合は観れなかったけど、イタリアに勝ったって聞いてほんまに驚いた!
それと同時に日本がベスト8に進めなかったのが余計に悔しく思えたわ。
ただニュースで観た限り、やっぱり韓国の意識の高さは全然日本とは違うね。
後半43分で得点できる選手もスゴいけど、そういう風に持っていかせることのできるサポーターのパワーがほんまにスゴいで。
負けて道頓堀川にへらへら笑いながら飛び込んでる奴等と一緒にしたらいかんよね。(苦笑) 
今日も朝までいっぱいおったけどやねえ。
アホですよ、ほんまに。
ただ騒ぎたいだけ、目立ちたいだけのイチビった大阪人やがな。
なんで試合前から飛び込む? 
なんかウソッぽくてイヤだ。
ところで、夜に御堂筋が一車線通行で渋滞しててんけど、銀行で爆発騒ぎがあったやん? 
アレのせいらしい。
まさかフーリガン!? 
なんかオレの心はまだ晴れないな。
W杯はまだ続くわけやし、今後の注目はやっぱり韓国がどこまで行けるか? 
そしてオレの予想通りイングランドが優勝するのか? 
ブラジル×イングランド戦はメッチャ楽しみですなあ。

6/20

なんだか憂鬱だ。
W杯病かなあ?(苦笑) 
B'zの大阪ドームのチケットを例によってe+の先行予約に申し込んだんやけど、見事にハズレた。
どうしても行きたいってほどじゃないんやけど、一度くらいは生で観ておかなければって思ったから。
稲葉浩志のヴォーカルは、生で聴くとどんな感じがするのか非常に興味がある。
それに何と言っても松本孝弘のギターだ。
TM NETWORKのサポートをやってた頃は結局生で彼のプレイを観る機会が無かったからねえ。
時既に遅しで、葛城哲哉になってたから。
でも最近のB'zの曲ってあんまりちゃんと聴いてないねんなあ。
特にカラオケで歌いたいと思うような曲も出てこないし。
正直に言うとB'zで一番何回も聴いてたアルバムって2ndの『OFF THE LOCK』なんよね。
まだブレイクする前、TMの流れで聴いていたという。
それにどちらかと言うとFENCE OF DEFENCEの方が好きやったし。
第一、歌詞があんまり好きになれなかった。
どうも曲と反比例して情けない男の心情の詞が多くて。
とは言いつつもカラオケでも多少歌うけどね。(笑) 
意外と『太陽のKomachi Angel』とか『HOT FASHION』なんかを歌ってたりなんかして。(笑) 
プライドがあるので、キーは絶対にオリジナル・キーでしか歌わない。
昔の曲はそうでもないけど、最近の曲はやっぱり高くてしんどいねえ。
さて、B'zのチケットダメやったから、何か他のをまた探すか。
大阪ドーム二日間のキャパでもあかんかったんやもんなあ。
相変わらずたいした人気やねえ。
サマ・ソニは前にも書いたけどNO DOUBTぐらいしか興味ないし・・・。
こうなったら来月の全日本プロレスでも観に行くか。(爆)

6/21

この流れ文字を毎日更新するようになって、1カ月近く経つんやけど、我ながらよう頑張ってるよなあ。(笑) 
まだ1度も穴を開けていないんやから。
ネタもアレやコレやと引っ張ってきてなんとか続いております。
基本的にはこのサイトのコーナーに関する事を主に取り上げてるんやけどね。
後は『我思フ、故ニ我在リ』のミニミニ版って感じ。
果たしてどれだけの人が見てくれてるのかわからないけど、多少リアクションはあるんで、それなりに見てもらえてるんやろうねえ。
ネタはその日の気分で書いてるから、必ずしも万人向けの内容とは限らないんやけど。
日替わり更新やし、多少きわどいこと書いてもいいかなとも思ってる。
まあ常識の範囲でね。
気が向いたら過激なことも書いちゃうかも。(笑) 
今は曲作りが忙しいんで、あまりコンテンツ内の更新ができないけど、このサイトが検索でヒットしちゃうようになったんで、もう一度全部読んでチェックする予定。
修正・削除する部分も出てくるかもしれないな。
そういえば、前から何度も言ってるglobeのLIVE category all genreの大阪初日レポをまだアップしてなかったな。
もうできてるんやけど、W杯が気分的にアップしようという気にさせてくれない。(笑) 
tranceのレポよりかは、はるかに面白いとは思う。
さていつアップしようかな? 

今日しちゃおうか。悩み中。

6/22

W杯、オレの優勝予想がハズレちゃいました。
ブラジル×イングランド戦
さらばベッカム〜!オーウェン〜!ってことで。(苦笑) 
別にイングランド贔屓ってことはないんやけど、なんとなくね。(笑) 
オーウェンが先制した時には、「おっ、コレは!」って思ったけど、やっぱりブラジル強いわ。
リヴァルドってやっぱり凄いねえ。
ベルギー戦でも、ほんまに参りましたって感じやったけど。
個人の技術が突出してると、チャンスが来た時に強いよなあ。
後半はなんかイングランドが完全に攻め手を欠いてて、ロナウジーニョが退場になっても全然関係なかったし。
こりゃ、ブラジル優勝で王国復活かな? 
セネガル×トルコ戦は仕事で観れないけど、長居は盛り上がるのだろうか?
もうミナミでバカ騒ぎにはならないような気はするんやけど、甘いかな? 

ところで、昨日とうとうW杯の影響で『FEVER PITCH THE OFFICIAL MUSIC OF THE 2002 FIFA WORLD CUP』という公式アルバムを買ってしまいました。
輸入盤で1690円。
当然例の曲も入っております。
毎日耳にしないことはないというVANGELIS『Anthem』
洗脳されてしまった。(笑) 
特にたいした曲でもないんやけど、とりあえず手元に一つ置いておきたかったっていう。
VANGEISってみんな知ってるんかなあ? 
『ブレード・ランナー』とか『南極物語』とか『炎のランナー』なんかが有名なシンセサイザー奏者なんやけどね。
今回は実にトランス・チックやねえ。
アルバムはまだ半分ぐらいしか聴けてないけど、個人的には可もなく不可もなくって感じかな。
少なくとも『ULTRAS』のアルバムよりかははるかにクオリティーが高いです。(爆)

6/23

W杯ネタが続いてますが、なんと韓国がベスト4入り! 
スペインと延長戦の末、PKで勝ってしまった!
誰がこんな事態を予想しえたであろうか!?(なんか韓国国民は本気で優勝すると思ってそうな気がする。) 
ここまで来たらまぐれとは言えないぞ。
ポルトガル、イタリア、スペインと次々と強豪を撃ち破りベスト4入りした韓国。
それに引き換え日本は・・・なぜ昨日長居にはいないんだ!
ああ、悔しい。
韓国が頑張ってるだけに余計に悔しい!
TVで観れなかったけど、昨日トルコが勝ったんやねえ。
なおのこと悔しい!!
ほんまやったら日本もベスト4行けたやろうって思ってしまうわ。
当初オレの予想は1位イングランド、2位ドイツ、3位イタリア、4位日本やってんけどなあ。
ドイツだけやな、残ってるのは。
ちなみに、昨日の大阪ミナミは特にどうということは無かったです。
いつもとほとんど変わらない週末の夜って感じ。
ただ警察は多かったけどね。
O CAT前の駐車場にいっぱい警官バス(護送車かな?)が止まってた。 

W杯といえば、昨日公式アルバム『FEVER PITCH THE OFFICIAL MUSIC OF THE 2002 FIFA WORLD CUP』を買って、可もなく不可もなしって書いたけど、今日店でずっとかけて聴いてたら、わりといいかもしれないと思った。(笑) 

さて、やっとこさglobeのcategory all genreLIVEレポをアップしました!
今回は普段遊びに行ってる多くのサイトの管理人さんにお知らせしましたが、早速読んでくれた方もいて良かったです。
みなさん、ありがとう!
一言でも感想をBBSでカキコしてもらえたら嬉しいです♪

6/24

日曜日、天保山でやってた『視覚の魔術師 エッシャー展』を見てきました!
普段あんまり美術館に行くわけではないのですが、今回のエッシャーに関しては昔から興味があったので、是非一度見ておきたかったんですよ。
しかし、最終日ということもあって1時間半待ち!!
長蛇の列でした。
「そういうもんなん?」って感じで、自分の認識の甘さを少し反省。
やっぱり展覧会に興味のある人っていっぱいいるんやねえ。
カップルも多かったし、デートコースの一つとしてもイイかも。
知的好奇心を刺激しあえるようなパートナーとやったらバッチリでしょうな。
って、こんなこと言ってると、一人淡々とメモを取りながら見て回っていたオレが虚しく思えてきますが。(苦笑) 
メモを取っていたのは、当然このサイトでレポってやろうと思ったからなわけで、まあ詳しいことは近いうちに『我思フ、故ニ我在リ』のコーナーにアップする予定なんで読んでやって下さいな! 

さて、昨日『PRIDE 21』が行われたんやけど、K-1と違ってかなり遅くなってのTV放送になるから、ここで内容に関して詳しいことを語れないのが残念。
ただ、記事を読んで衝撃だったのが、田村潔司VSボブ・サップの80kg対決の結果。
ボブ・サップ11秒TKO殺!
だいたいこのマッチ・メイキング最初から疑問やってんなあ。
田村は確かにスピードあるし、上手いし、リングスでは前田日明にも勝ったことあるし、ギルバート・アイブルに負けるまでチャンピオンやったけど、80kg差ってなあ。(苦笑) 
危険極まりないがな。
それでも田村の「柔よく剛を制す」勇姿を期待してたんやけど、無茶やったみたいやね。
PRIDEはこんな田村の商品価値をすぐに落としてしまうような試合を組んで、頭悪すぎ! 
他の試合は判定試合が多かったようやな。
プロレスリング・ノアの杉浦貴がグレイシーに2-1で判定負けしてたのが悔しかった。
メインのドン・フライVS高山善廣の試合はプロレスのリングで見たかった!
また、TVで観戦次第ちょこっと触れたいと思います。
たぶん、3週間後とかになりそうな気配が・・・。(苦笑)

6/25

『空から降る一億の星』が最終回でした。
一応ねえ、月9ドラマってチェックするようにしてるんで、このドラマもとりあえずずっと見てたんですよ。
正直言って特別面白いと思って見てなかったです。
ただキャストが明石屋さんま木村拓哉深津絵里柴崎コウなどといった注目どころやったんで、それだけで見てしまえる部分があったかな。
個人的には井川遥が途中で自殺して出なくなったのが残念に思ってしまったけど。(笑) 
ストーリーの流れ上、ハッピーエンドはありえないと思ってたけど、なんなんアレは? 
けっこうアレ見て泣いた人もいるかもしれんけど、オレは全く解せんよ。
どうもキャラクターとピストルを扱う心情とにギャップがありすぎるように感じてしまうんよね。
まあ、ああいう設定にしちゃったら、ああいう風に持っていかなきゃしゃーないんかもしれんけど。
見てない人にはなんのこっちゃやわね。(笑) 
オレはあまり感情移入できるドラマじゃなかったけど、最後に坂本九『見上げてごらん夜空の星を』を聴きながら、泣かずにはいられない完三さんのシーンはずっと残ってるかもしれないな。

6/26

W杯はもう、決勝戦まで観ることができません。
ガクッ。
ドイツ×韓国戦も観ることができなかった。
ドイツ勝ったそうで。
1-0ですか。
オレの予想では2−0でドイツの勝ちやったんやけど。
カーンが鉄壁の守りを貫いているみたいやね。
果たして、決勝ではあのブラジル相手に失点せずにいられるのか?・・・おっと、まだトルコ戦終わってなかった。(笑) 
ロナウジーニョ出ないのが影響して、意外とトルコ勝っちゃったりしてね。
誰もが予想できなかったトルコ決勝進出・・・想像できないなあ、やっぱり。(笑) 
だからオレの予想は2−0でブラジルの勝ちってことで。 

さて、以前ここでも書いたけど、来月全日本プロレスを観に行きます!
7月17日『全日本プロレス2002王道プロレス30周年サマーアクションシリーズ』大阪府立体育館
メインエベントは天龍源一郎VS小島聡三冠ヘビー級選手権試合
オレは根っからの天龍ファンなんで、当然タイトル防衛を願っておもいっきり天龍を応援しますよ。
対する小島は新日本プロレスから移籍して初の三冠戦。
打倒天龍のために小島は、今や引退してPWFの会長に就任しているあのスタン・ハンセンに申し出て、ウエスタン・ラリアットを何度も体感してその極意を得ようとしたらしい。
これは間違いなく天龍と小島のラリアット合戦が見られそうだ!
今回の座席は奮発してリングサイド
7000円の席。
こんな席でプロレスを観るのは初めて!
さすがに10000円の特別リングサイドには手が出なかった。
これでも全日本プロレスは安いけどね。
良心的です。
久々のプロレス観戦に胸が躍っております。(笑)

6/27

W杯、やはりブラジル決勝進出だそうで。
ニュースでしか見てないけど、ロナウドのあのうまくタイミングをハズしてのトー・キックシュート、素晴らしいよねえ!(トー・キックと聞いてキラー・トーア・カマタを思い出してしまった。誰も知らんやろうなあ。(苦笑))
ロマーリオに捧げたそうやけど、いやはや、これは本当に決勝でのカーンとの対決が見物だわ。
良かった、決勝は観れるし♪ 

ところで、水曜日はHMVWポイントデーということで、けっこう出没しております。
輸入盤買うこと多いし、試聴機にもイイのがけっこう入ってるから、一番よく利用してるCDショップだったりする。
買う枚数もけっこうなもんなんで、おそらくスタンプカードの回転率は相当早いと思われる。
今週買ったのは、GABALLのCD+DVD『UPGRADED』KEITH EMERSONのピアノ・アルバム『emerson plays emerson』
まだ聴いてないんで、明日にでもここで感想を書こうかなと思ってます。 

ああ、早く冷蔵庫の中のもやしとモロヘイヤを使っちゃわないと傷んでしまう。

6/28

昨日のお知らせ通りに、GABALLのCD+DVD『UPGRADED』KEITH EMERSONのピアノ・アルバム『emerson play emerson』の感想を書いちゃいましょう。
GABALLのCDは中田ヒデのテーマ『ambient lounge』『LIFE OF VIBE (piano version)』ということで、かなり地味なものやった。
piano versionはたぶん、これから出ると思われるTKのピアノ・ソロ作品を意識してのことじゃないかな? 
DVDはVJそのまんまでなかなかカッコイイ!
それに音がいいわ。
部屋を真っ暗にして、ガンガン見て聴きたい感じっすね。
TRANCEって言ってもちょっとアダルトな感じで好きやねえ。
GABALLも一度生で観たいんやけどなあ。
大阪でやってくれんのかねえ? 

さて、KEITH EMERSONのアルバムはというと・・・その前にKEITH EMERSONってみんな知らないんかなあ?
プログレッシヴ・ロックバンドEMERSON, LAKE & PALMERのキーボーディストで多くのアーティストに影響を与えた人物。
TKもかなり影響受けてるね。
オレも受けてるし。(笑) 
今回のアルバムはモーグ・シンセでもなければハモンド・オルガンでもなく、ピアノのみ。
今までなかったな。
久々にピアノのアルバムを聴いんやけど、クラシック、ジャズ、ロックの要素が入っていて、やっぱり何を弾いてもEMERSON奏法が炸裂してるわ。
何回でも聴いてみようと思った。
聴いてみたいっていうよりかは、聴いてみようって感じ。

ああ、もうすぐ6月が終わってしまう。
曲があ〜。
この極度の憂鬱な気分は天気のせいだけじゃあるまいに・・・。
洗濯できへんがな。 

さあ、これから急いで『スウィート ノベンバー』のDVDを観てしまわないと。

6/29

♪足首 太もも 男の世界 人を寄せ付けない その名はオリー・カーン〜。
なんてあやしい歌なんだ。(爆) 
ドイツの守護神オリバー・カーンを歌ったドイツのバンドの曲の日本語ヴァージョンらしいけど、なんなんだ足首太もも男の世界って?
たしかにサッカーをそんな風に捉えられなくもないが。(苦笑) 
この歌、日本で出しても案外そこそこ売れちゃうかもな。
今日のW杯は3位決定戦なんで、ゴリラは出てこないけども、韓国×トルコ戦の予想をしておこうかな。
2−1でトルコの勝ちということで。こんな点の入れあいになるとは思いがたいけど、そこをあえてね。ただし、今日もまた観れないのだ。
残念ながら・・・。 

昨日『スウィート・ノベンバー』のDVDを観た。
キアヌ・リーヴスシャーリーズ・セロンっていう組み合わせ。
モロにラブ・ストーリーなんやけど、ハッキリ言ってストーリーが完全に読めてしまった。
オレが今までにそんなに映画を観てきていない人間だったら、すごく良かったのかもしれないけど、残念ながら腐るほど観てるので、それほど面白かったとは言い難い。
それでも余韻のある映画やね。
★6つにしてたんやけど、後で★7つに修正しておくか。(笑) 

他に、最近観たのは『スパイ・キッズ』
まあ普通に面白かったな。
なかなかスパイの小道具のアイデア満載で楽しめたね。
好評やったらしく、2も公開するみたいで、予告編が入ってた。
こちらも★7つということで。 

ああ、天気悪う〜。
今日も洗濯できへんがな。
最近、やや情緒不安定気味。
ヤバイかも。

6/30

いよいよ今日でW杯が終わる。
寂しいねえ。
ここのネタを探すのにも苦労しちゃうじゃないか。(笑) 
昨日は3-2でトルコ韓国に勝ったみたいやね。
オレの予想の2−1というのはハズレたけど、トルコ3位っていうのは当たったな。
こうして日本も韓国も仲良くトルコの軍門に下ったわけだ。(苦笑) 
今日の決勝は1-0でブラジル優勝って予想してるんやけど、心情としてはカーンに守りきってもらいたいと思ってる。
ロナウドリヴァウドロナウジーニョ・・・奴等凄すぎやもんなあ。
W杯決勝初対決。
見所満載じゃないでしょうか。
個人的には『2002FIFA W杯 オフィシャルコンサート』に出てくる倉木麻衣も密かに楽しみだったりして。
テレ朝のこの放送もちゃんと見なきゃ。 

話はガラッと変わり、マンガの話。
オレが今一番楽しみにしてるマンガの単行本は浦沢直樹『20世紀少年』
『YAWARA』『MONSTER』でお馴染やね。
これがメチャメチャ面白い。
昨日第9巻が出たんで早速読んだけど、早く続きが読みたいわあ。
こんなに楽しみなのは、小学生の頃の『うる星やつら』、中学・高校の時の『めぞん一刻』、大学生の頃の『Bバージン』以来。
是非とも映画化してほしいなあ。
でも長編やし失敗するな、映画では。
予算のいっぱい出るドラマがいいかな。
でも一番いいのはアニメか、やっぱり。
旬を逃さないうちになんかやってほしいよ。
でないと勿体ない。
みなさんも是非機会があれば読んでほしいですね!
超おすすめ!

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー